アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
30年前に見たかったゾッド対スーパーマンがそこに(マン・オブ・スティール)
個人的には、それ程嫌いではない2006年版スーパーマン「スーパーマン・リターンズ」。ゾッド将軍との対決への前振りとしては、許される範囲だと思ってたし、むしろ次に来るであろうゾッド将軍との対決が楽しみだったのに、興行的なコケっぷりが半端なく、シリーズ化が打ち切られることに。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/02 21:41
宮崎駿、何度目の引退宣言?
「風立ちぬ」が大ヒット上映中の宮崎駿。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/02 21:06
(BD/ブルーレイ)おおかみこどもの雨と雪
(BD/ブルーレイ)おおかみこどもの雨と雪 映画館で見たくて仕方なかったのに、見逃してしまった細田守監督の最新作が、BDで登場。公開の度に気になっていながら未だに映画館で彼の作品は見れておらず、3作すべてBDでの視聴。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/28 23:15
ミッキーマウスとヨーダが戦う日(ディズニーがルーカスフィルムを買収)
ディズニーが、ピクサー、マーベルに続き、スターウォーズのルーカスフィルムまで買収してしまった。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/31 22:15
(BD/ブルーレイ)宇宙人ポール
(BD/ブルーレイ)宇宙人ポール たまたま見て、今年一番のお気に入り映画になった「宇宙人ポール」が、BDで登場。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/07 22:59
宇宙人がなぜポール?(宇宙人ポール)
会社の帰り「ヒミズ」を見に行ったら、次の日からで、仕方ないく時間つぶしに見た映画なのに、面白くてお気に入りの一本に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/20 16:46
(BD/ブルーレイ)ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー
(BD/ブルーレイ)ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー 久々に見たジュラシックパーク・シリーズはとても楽しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/07 21:08
(BD/ブルーレイ)スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX
(BD/ブルーレイ)スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX エピソードI〜IIIは、良い意味でも悪い意味でもスターウォーズといえるものだったと思うけど、エピソードIV〜VIが好きな人の夢をほとんどぶち壊し(少しは夢を満たして)、I〜IIIでスターウォーズを初めて体験する人には昔初めてI〜IIIを見た人たちが感じたワクワク感を与えられず、結局中途半端なシリーズになってしまった気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 23:39
ミッション:インポッシブル ゴーストプロトコルの予告
なんだか最近ぱっとしない、トム・クルーズだけど、M:Iの最新作の予告はかなり良さげ。「M:I II」の時みたいに、予告のかっこ良さのわりに、中身はイマイチだったなんてことはないといいけど、今回は、大好きな「アイアン・ジャイアント」やピクサーアニメで手堅く活躍し続けているブラッド・バードが監督。アニメの力を実写で発揮できるか?少なくとも前作よりは期待できそうだな。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/15 23:01
キャプテン・アメリカ
日本ではマイナーだし、イマイチ格好悪いし、またつまらないアメコミ物が来たかな、と勝手に思っていたけど、監督がジョー・ジョンストンと聞いて急に見たくなった。ジョンストンは、地味で日本ではあまりヒットしなかったけど、僕の大好きな「ロケッティア」や、こちらもそれ程ヒットはしなかったけど、実は一番気軽に面白かった「ジュラシック・パーク3」などの監督。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/04 22:16
DVDプレイヤーとしてのBDP-LX91(「エクスペンダブルズ」を観る)
DVDプレイヤーとしてのBDP-LX91(「エクスペンダブルズ」を観る) 久々のDVD視聴は、公開時ちょっと観たかったのに知らないうちに終わっていたスタローンの「エクスペンダブルズ」。セルではブルーレイもあるのに、レンタルではなぜかDVDしかない。しかたないので、DVDを借りてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 21:23
(BD/ブルーレイ)レスラー
(BD/ブルーレイ)レスラー 何をやってもだめな、盛りを過ぎたレスラーの物語。不器用で、大人になりきれなくて、がんばろうと思っても結局できなくて、どこか思い当たることがあるおじさんにはたまらなく切ない話。彼女や娘とのエピソードを含め、脚本がとても良く、これを一時期セクシー男優で有名だった、ミッキー・ロークがひどいおっさんになって演じているのが、余計切ない。レンタルもないし、どうしても観たくなって購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/27 21:25
(BD/ブルーレイ)キック・アス(レンタル版)
(BD/ブルーレイ)キック・アス(レンタル版) ふざけてそうで、以外とまじめな等身大ヒーロー映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/16 14:43
(BD/ブルーレイ。。が出ないなんて)ぼくのエリ 200歳の少女
(BD/ブルーレイ。。が出ないなんて)ぼくのエリ 200歳の少女 去年の夏、何気に映画館に行って、すごく感動した作品。美しい映像、切ないストーリー、久々のいい映画でBDが出たら買おうと決めてたのに、DVDしか出ないなんて。。なんてことだ(怒) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/16 11:32
むかしのジョー(あしたのジョー)
世代的にちょっと下だからか、有名な主題歌だけは知ってたけど、肝心の漫画もアニメも子供の頃には殆ど見たことがないので、思い入れは全くない。映画化されるのを知ってから、漫画を通して読んだものの、試合の連続なだけで、登場人物たちのそれぞれのこだわりがきちんと描かれていないので、台詞やナレーション(ていうのか??)が言葉遊びにしかみえない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/23 22:23
お手頃ブルーレイ・プレーヤー(ソニー BDP-S370)
お手頃ブルーレイ・プレーヤー(ソニー BDP-S370) 2年ほど前、DVDレコーダーが壊れたときに(東芝製。起動は遅いは、使いづらいは、1年ちょっとで壊れるは、おまけにDynabookのACアダプタは高周波音がうるさいは、電話サポートの感じは悪いは。。。で、たとえ評判が良くても東芝製は2度と買う気が起こらない)BDレコーダーの買い替えを迷ったもののBD対応というだけでやたらと高かったので、DVDレコーダー(パナソニックDIGA DMR-XP12)にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/22 21:26
(BD/ブルーレイ)天空の城ラピュタ
(BD/ブルーレイ)天空の城ラピュタ 宮崎駿のすべてが詰まった名作「天空の城ラピュタ」がようやく登場。またこういう映画を、と多くの人が思っていると思うけど、きっともう無理なので(といいながら最後の花火を期待してたりするけど)、この映画を繰り返し楽しむしかない。それほど思いが強くて何度も観てるくせに、実は映画館で観たことがなかったりする。。。ので、比較はテレビで観てきたものとの比較になるけど、大画面で観たという感動はそれほど強くなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/31 22:57
(BD/ブルーレイ)時をかける少女(2010年版)
(BD/ブルーレイ)時をかける少女(2010年版) 何度も映像化されている「時をかける少女」。でもやっぱり好きなのは大林宣彦+原田知世の1983年版。角川のアイドルを使いながらも大林らしいマニアックな演出でファンも多いと思う。その続編的作品が、仲里依沙主演のこれ。 母のメッセージを伝えるために、深町君に会いに過去に行く。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 06:42
(BD/ブルーレイ)リトル・ミス・サンシャイン
(BD/ブルーレイ)リトル・ミス・サンシャイン バラバラになりかけの家族が、末娘を美少女コンテストに連れて行くことになり、おんぼろワーゲンバスに乗って旅をしていく中で、ちょっぴり絆を深めていくというロードムービー。映画館では、なんかいいなあ、ぐらいだったけど、無性に見直したくなって購入。(ジャケットもいいし) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/04 10:21
(BD/ブルーレイ)サイドウェイ
(BD/ブルーレイ)サイドウェイ 20世紀フォックスが一部のBDを値下げした直後、楽天ブックスで2枚買うと500ポイントつくキャンペーンをやってて、観たことがないのに「リトル・ミス・サンシャイン」といっしょに購入。色々賞をとったり、日本でリメイクされたりしてたし、何となくいい映画そうだったけど、観てもないのに買ったのは初めて。結果は大正解。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/10 19:57
泥棒ぐらしのアリエッティ(借りぐらしのアリエッティ)
ジブリの新作は、カオナシのモデルにもなったらしい宮崎駿期待(?)の新人監督のデビュー作。 宮崎以外のジブリはあまりみるきがしないけど、「昔のジブリが好きな人に」なんていう雑誌の記事に感化され行きたくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/31 12:53
今敏監督が。。
今日本のアニメ界で僕が一番信用できる、というか大好きな今監督が、膵臓癌で亡くなったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/26 20:46
イモムシごーろごろ(キャタピラー)
寺島しのぶがベネチアで賞を獲って話題の映画。ポスターには「これが戦争だ」。年齢層はかなり高めだが、普段そんなに客が多くない単館劇場はほぼ満員。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/26 20:34
(BD/ブルーレイ)風の谷のナウシカ
(BD/ブルーレイ)風の谷のナウシカ ジブリのBD第2弾は、名作「風の谷のナウシカ」。とはいえ、小さいTV画面でしか観たことがなく、しかも一度も面白いと思ったことがなかった作品。理由は人間の汚した地球を虫たちが浄化するという世界観は好きだったものの、ナウシカと彼女と敵国、動物や虫などの世界との関係ががあまりにも甘いと思ったから。だからラストも好きじゃなかった。そんなうまいこといくか、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/29 21:35
3D映画は進化していた!(アリス・イン・ワンダーランド)
2Dで観た「アリス・イン・ワンダーランド」がどうにもつまらなかったのに、なぜか大ヒットしているのはきっと3Dが面白いからに違いないと気になって、あまり気乗りがしなかった3Dで観てみることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/09 21:29
(BD/ブルーレイ)シザーハンズ
(BD/ブルーレイ)シザーハンズ 僕の宝物の映画の一つで、ティム・バートンが大好きになるきっかけとなった「シザーハンズ」。ブルーレイが出だした初期のころから発売されていたけど、画像の評判が微妙で、買うのをためらっていた。値段も安くなってきたし、久々にどうしても「シザーハンズ」を観たい気分だったので購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/23 20:41
3D映画を2Dで観るということ。。
最近流行の3D映画。そして、その3D(を前提とした)映画初体験となった「アリス・イン・ワンダーランド」。とはいえ、昔々の赤青メガネ時代の3D映画のトラウマから、どうしても3Dでは観る気になれず、2Dで観る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/30 22:02
スクリーンサイズと音のバランス(TA-DA5500ESのデジタルシネマサウンド)
スクリーンサイズと音のバランス(TA-DA5500ESのデジタルシネマサウンド) AVアンプをTA-DA5500ESに替えて、音はかなり良くなったもののどうしても違和感を拭えないのが、TA-DA5500ESのウリとも言うべきHDデジタルシネマサウンド(HD-D.C.S.)。といっても効果音や音楽の凄さはすばらしく、文句のつけようがない。気になって仕方ないのが台詞の音。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/25 21:39
バートン・イン・ディズニーランド
「スウィーニー・トッド」の失敗から3年、大きな期待をもって観にいった新作「アリス・イン・ワンダーランド」は、彼の一番の失敗作「猿の惑星」に劣るとも勝らない、悲しい出来だった。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/23 21:46
アニメの画質モード(DLA-HD350)
アニメの画質モード(DLA-HD350) 実写映画ではとても素人設定では簡単に出せないいい風合いを出してくれるDLA-HD350のシネマ1モード。けど、「崖の上のポニョ」、「パプリカ」を観てきて、どうもアニメにはイマイチ合わないような気がしてきていたので、ちょっと画質をいじりながら「サマーウォーズ」を観てみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/12 20:26
(BD/ブルーレイ)サマーウォーズ
(BD/ブルーレイ)サマーウォーズ 映画館で観たかったけど、残念ながら見逃してしまった「サマーウォーズ」。ようやくBDで出たと思ったら、何だか変なオマケがてんこ盛りで、法外な値段。。レンタルもないし、アコギだなあ。。なんて思ってたら、ヤフオクで本体だけで出品されていたので、それを入手。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/08 21:47
アリス・イン・バートンランド
アリス・イン・バートンランド 「スウィーニー・トッド」では彼らしさを出し切れなかった感じがするティム・バートンの新作は誰でも知ってる「不思議の国のアリス」(アリス・イン・ワンダーランド)。(といっても、僕は全く観たことない。。)しかも因縁の(?)ディズニー映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/13 06:50
ゼブラーマンが帰ってくる。。とわ。。
ゼブラーマンが帰ってくる。。とわ。。 何気にWebをぶらぶらしてたら検索結果に「ゼブラーマン2」の記事が出てて、ガセかと思って見てみたら、どうやら去年の10月に製作発表があったらしく、本気っぽくてちょっとびっくり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/09 21:20
(BD/ブルーレイ)ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ
(BD/ブルーレイ)ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ 単独の映画として見たときの出来は別として、子供の頃にアニメを楽しんだ世代が大人になって観る作品としては、こんなに良くできた映画はない気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/07 21:46
(BD/ブルーレイ)スターシップ・トゥルーパーズ
(BD/ブルーレイ)スターシップ・トゥルーパーズ DVDとブラウン管で何度も観ている映画だけど、久々に見たくなって購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/21 21:02
(BD/ブルーレイ)ドラゴン・キングダム
(BD/ブルーレイ)ドラゴン・キングダム 「酔拳」でカンフー映画の面白さを知った僕にとって(といっても個人的には酔拳以外に面白いと思ったものはないけど)、カンフースターといえば、もちろんジャッキー・チェン。そして彼が純粋なカンフー映画を撮らなくなった頃(といっても純粋なカンフー映画自体が受けなくなったんだろうけど)、「少林寺」で正に本物の少林寺拳法を披露し、新たなカンフースターとして登場したジェット・リー(僕にはまだリー・リンチェイの方がしっくりくるけど)。子供の頃憧れたそんな2人の大スターが、それぞれハリウッドに進出し、それぞれに活躍... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/17 21:39
(BD/ブルーレイ)パプリカ
(BD/ブルーレイ)パプリカ 今敏監督の作品は、どれも大きなハズレがない。好きなのは「パーフェクトブルー」と「東京ゴッドファーザーズ」だけど、「パーフェクトブルー」の画質は評判が悪すぎて買う気になれないし、「東京ゴッドファーザーズ」はそもそも出る気配もない。久々に今映画が観たくなったので、画質の評判がいい、「パプリカ」を買ってみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/03 20:47
(BD/ブルーレイ)チャーリーとチョコレート工場
(BD/ブルーレイ)チャーリーとチョコレート工場 有名童話を、ティム・バートンが彼らしいセンスで味付けしたミュージカル。「ビッグ・フィッシュ」に続き、父と子の関係を描いていて、子供ができて作風が少しずつ変わってきてる感じがした頃の作品。何といっても、ダニー・エルフマンの音楽に乗って歌って踊るウンパ・ルンパが楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/25 21:20
(BD/ブルーレイ)アマデウス・ディレクターズカット
(BD/ブルーレイ)アマデウス・ディレクターズカット まさに「アカデミー賞」に相応しい、名作「アマデウス」。その公開版に、モーツアルトが堕落していく描写と、コンスタンツェとの確執の原因ともなるシーンが追加されたのがこの監督再編集版。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/01/19 21:28
HDMIケーブルの干渉(BDP-LX91のPURE AUDIOモードの威力)
HDMIケーブルの干渉(BDP-LX91のPURE AUDIOモードの威力) そもそも、デジタル信号は「1」か「0」の集合なんだから、デジタル信号を読み取れなければ、ノイズになったり、音や映像が飛んだりするだけで、画質や音質の劣化があるなんて思ってもみなかった。けど、そんな信号の欠落を、再生機が適当に補正して、原信号と違った形で復元するために、原音と違った音や映像になる(劣化する)んだっていう話をどこかで読んでから、画質と音質の劣化はありえるんだと納得している。リアルタイムで処理しなきゃならない音楽や映画で、100%原信号を復元するのは難しいんだろうな。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/31 21:31
大晦日
大晦日 もう20年近く前、弟が中学か高校生のころかな。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/28 22:15
(BD/ブルーレイ)崖の上のポニョ
(BD/ブルーレイ)崖の上のポニョ 他に出してほしい映画はたくさんあるのに、ジブリの初BDは最新作の「崖の上のポニョ」。「子供が最初に観る映画として作った」というこの映画、大人が観るには中途半端、子供が観るには小難しい設定が邪魔な気がするし、親が子供に見せるには教育的に問題がある部分が多い。。と個人的にはどうも納得いかない映画だけど、大ヒットしたみたいだし、「売れる」BDとしては最適なのかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/26 19:33
続・夢のホームシアター2(AVアンプ・TA-DA5500ESを買う)
続・夢のホームシアター2(AVアンプ・TA-DA5500ESを買う) サンタの許可がおりて、届いたAVアンプ、TA-DA5500ES。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/16 20:42
続・夢のホームシアター(画面と音のバランス)
続・夢のホームシアター(画面と音のバランス) 一旦は十分だと思った我が家のホームシアター。だけど、しばらくすると、音響的に何というか、でかい音は出てとりあえずサラウンドにはなっているもののいまいちグッとこないなあと段々不満がたまってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/12 06:18
(BD/ブルーレイ)バットマン リターンズ
(BD/ブルーレイ)バットマン リターンズ ヒーロー映画の流れを大きく変えた、ティム・バートン監督の傑作がようやく(バラで)登場。いくら1,2作目が好きでも、嫌いな3,4作目と一緒に買う気にならなかったから、うれしくて仕方ない。しかも、2000円程度で買えるなんて嬉しい限り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/26 21:28
(BD/ブルーレイ)ビートルジュース20周年記念版
(BD/ブルーレイ)ビートルジュース20周年記念版 ティム・バートンの長編デビュー作で、彼の映画にはまる前の名前も知らない時期に観た作品。BDが2千円ぐらいで安くなっていたので、買ってみることに。公開以来観ていないので、20年以上ぶりの再見。当時の記憶としては、何とも言えない不思議な映画だなーって思ったのと、所ジョージがアドバイザーをしたとかいう字幕が最低だったという怒りぐらいしか覚えてない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/04 06:34
(BD/ブルーレイ)平成ガメラ Blu-Ray BOX
(BD/ブルーレイ)平成ガメラ Blu-Ray BOX 公開時、脚本の緻密さと実在感のある巨大怪獣の描写に、正しい大人のための怪獣映画にやっと出会えたと興奮した一作目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2009/09/19 19:28
(BD/ブルーレイ)ビッグ・フィッシュ
(BD/ブルーレイ)ビッグ・フィッシュ 大好きなティム・バートンの父子物語。ホラ吹き男爵ばりの父親と、それを理解できない息子が父親の病気をきっかけに、絆を深めていく。息子が父親のホラ話の締めくくりを語るラストシーンは感動的。一風変わったバートンが、自分の息子(がいたかどうか知らないけど)に語りかけているようにも見える。家族を持って、ちょっと変わったかな、と思わせる作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/16 12:43
新スタートレックは旧スターウォーズだった
何かと評判がいい、新「スタートレック」。僕は、オリジナルTVシリーズは観たことはなく、映画から入ったクチで、他のSFシリーズと違い、舞台が宇宙と言うだけでなく、宇宙サイエンス・フィクション的なネタが散りばめられていて、それなりに楽しんでみていた、という感じ。でも、一番楽しかったのは番外編的な4作目「故郷への長い道」なので、ちょっと正統じゃないかも。オリジナルメンバーがいなくなったシリーズは、全く観ていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/12 21:19
DVDプレイヤーとしてのBDP-LX91(「ALWAYS三丁目の夕日」を観る)
DVDプレイヤーとしてのBDP-LX91(「ALWAYS三丁目の夕日」を観る) ネットでは評判の悪い(といっても、同じ人が書いていることが多い気がするけど)BDP-LX91(パイオニア)のDVDアップコンバータ機能。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/10 12:38
(BD/ブルーレイ)ブレードランナー ファイナル・カット
その世界観と謎の多さで、カルト的な人気を誇った初公開版だけど、年齢のせいもあっただろうし、小さいテレビで観たこともあってか、個人的にはどうしてそんなに盛り上がるのか理解できずにいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/03 13:01
(BD/ブルーレイ)ダイ・ハード4.0
「ダイ・ハード」シリーズ12年ぶりの新作は、残念な出来だった2、3作目を軽く超え、1作目の正しい続編として、個人的には十分「あり」の出来。マクレーンは、かなり卑屈になっていて、キャラ的に「リーサル・ウェポン」のリッグスっぽくなっちゃってたり、アクションはほとんど漫画で笑えてくるところもあるけど、単純に楽しめる映画としてBDをもっててもいいなということで、購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/26 12:53
(BD/ブルーレイ)ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
最近では「スウィーニー・トッド」がパッとしなかったものの、大好きなティム・バートンの大好きな作品。監督作ではないけど、監督作以上にバートンらしい作品といえる。それまで普通の社会と普通じゃない自分のギャップで悩む作品ばかりだったのに、「別にいいじゃん」と開き直った点で、彼のフィルモグラフィーの一つの転換点ともいえると、個人的には思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/23 06:22
(BD/ブルーレイ)ダイ・ハード
久々に(BDでは初めて)見直した「ダイ・ハード」は、やっぱりアクション映画の傑作だなあ、と思った。脚本がすごく良くできてるし、映像も格好いいところがいっぱいあるし、今見直してもほとんど古さを感じないし、いやあ、楽しかった。。。んだけど、BDのデキという点では、どうもなんだか、不満がいっぱい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/21 12:29
感動の高画質(BDP-LX91)
残像が気になって、色々な映画の気になったシーンをもう一度観直して、色々いじくっている最中に、BDP-LX91の設定ミスに気付いた。。それもかなり大きな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/18 12:55
(BD/ブルーレイ)鉄コン筋クリート(UK版)
前から気になっていた「鉄コン筋クリート」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/11 16:23
プロジェクターの残像
ホームシアターにしてから、うちで映画を観るのが楽しくて仕方がない。映像も音響も僕のレベルでは大満足。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/30 14:18
スラムドッグはロッキーだった(スラムドッグ・ミリオネア)
アカデミー賞で8部門も受賞して、評判も高い「スラムドッグ・ミリオネア」を観る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/24 17:32
(BD/ブルーレイ)スリーピー・ホロウ
大好きなティム・バートン監督が、新しい映像センスを見せてくれた大好きな映画「スリーピー・ホロウ」。首なし騎士が夜な夜な現れ、住人を殺していく、ゴシックホラー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/21 12:57
(BD/ブルーレイ)ニューシネマパラダイス
僕の宝物の映画のひとつ「ニューシネマパラダイス」。 公開時、ラストシーンで涙が止まらず、初めて完全版を見て怒りがとまらず(笑)、何度も初公開版を観ているうちに、トルナトーレの言いたかったことが、僕が初めて観て感動したところと違うことに気付いてきて、完全版も許せるようになってきた今、あらためてBDで見直して。。あまりの美しさに感動! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 12:49
BDプレイヤーとしてのPS3(プレステ3):その4
bdp-lx91にして、音が格段(というかケタ違い)に良くなったけど、よく考えると同じPCM出力で比較しているわけではないので、lx91の性能なのか、アンプ(ONKYO TX-SA606)の効果なのかは分からない??。。とは思っても、もうPS3は外しちゃったので確認のしようもない。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/17 13:00
「ヘブンズ・ドア」の感想
「鉄コン筋クリート」がすごく気になっていたのに見れなかったマイケル・アリアス監督の新作。アリアス監督はハリウッドで活躍していたCGなどの裏方屋さん(?)なのに、日本語がぺらぺらで、日本が大好きで、日本に活動拠点を移してしまったという、変わった人。ハリウッドにいた方が給料よさそうなのに。。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/06 12:53
夢のホームシアター7(7.1chにしてみる)
リアスピーカと視聴位置の距離が近すぎるせいか、後ろからの音がどうにもわざとらしく聞こえてしまうことがあるので、あまりよく考えずに7.1chにしてみる。ONKYOのD-308Mを購入。今まで使っていたスピーカを横に置きなおし、リアにD-308Mを設置。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/13 12:37
夢のホームシアター7(映画を観る)
年末に買ったブルーレイ(BD)ディスク、「ロッキー・ザ・ファイナル」と「ダークナイト」を観る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/01/05 12:35
夢のホームシアター6(スクリーンを設置する)
地元の工務店に、スクリーンを吊るす梁を設置する工事と、スクリーンの設置をしてもらう。梁の設置と壁紙の張替え、光の差込防止のカーテンボックスの取り付けで、1日半の工事。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/03 12:42
BDプレイヤーとしてのプレステ3(PS3):その3
BDビデオの音声は大抵ドルビーTrueHDかDTS-HDだと思うけど、PS3はそれぞれに対応しているものの、本体そのものでデコードして出力してるので、「オーディオ設定」(だったかな?)で「linearPCM」に設定して、アンプなどに渡してあげなければいけない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/02 10:58
BDプレイヤーとしてのPS3:その2(「ロッキー」を観る)
20年以上前、僕がはじめて映画で感動し、映画が大好きになるきっかけを作ってくれたのがスタローンの「ロッキー」。そして、その後の長いトンネルを抜けて再び感慨深い感動をくれた、最終作「ロッキー・ザ・ファイナル」。そのBDセットが届く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/19 12:19
夢のホームシアター5(プロジェクターをつないでみる)
プロジェクターは部屋の構造上、天井から吊るすこともできないし、スクリーンは低めにする予定なので、壁に専用棚をつけると中途半端な高さ(1.6mぐらい)になりそうなので、安いメタルラックに置くことに。けど、ちょっと揺れるとすぐに倒れてしまいそうなので、ホームセンターで止め具と石膏ボード用のねじを買って壁に「一応」固定して一安心。プロジェクターを箱から出して、設置する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/17 12:39
BDプレイヤーとしてのプレステ3(PS3)
初めてのBDビデオが届く。今年一番のお気に入り「ダークナイト」。過去のバットマンシリーズ同様、この作品も結局日本ではあまり受け入れられなかったみたいだけど、個人的には「バットマン・リターンズ」以来の傑作で、ティム・バートンのセンスとダニー・エルフマンのテーマ曲の呪縛から初めて解かれた「バットマン」だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/16 13:00
夢のホームシアター4(HDMIセレクターを買う)
さて、プロジェクターとテレビを切り分けるためには、AVアンプもPS3もHDMIの出力が1つしかないので、ケーブルの切り替え機(セレクター)が必要。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/12 13:00
夢のホームシアター3(HDMIケーブル)
BD/DVDプレイヤー(PS3)とAVアンプ(TX-SA606X)とテレビ(1年ちょっと前ぐらいの日立の37型Wooo。安さに負けてかったものの映像がもう一つ気に入らない。3年前に買ったパイオニアの42型ピュアビジョンの方がよっぽどいい)をつなぐHDMIがこれまたよく分からない。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 07:34
夢のホームシアター2(AVアンプを買う)
ホームシアターを作るために、プロジェクターとスクリーン以外で、ちょこちょことそろえてきたスピーカーやAVボード、AVアンプ、プレーヤー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/10 12:38
夢のホームシアター1(プロジェクターとスクリーンを買う)
映画が大好きで、いつかは自分の部屋を映画館にしたい(逆もいいな)、なんて昔から思っていたささやかな夢がとりあえず実現しそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/09 12:45
プレステ3(PS3)で映画を見るということ2
嫁の友達が子供と遊んでくれていたので、もう一回プレステ3(PS3)で映画を観てみることに。今度は多少のファンの音なら気にならないように音量を大きめに。そして、PS3君に少しでも気持ちよく再生してもらうために、TVボードの前面扉を開けて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/17 12:46
プレステ3(PS3)で映画を見るということ
はじめてPS3で、映画をしっかり観てみる。 初の視聴映画は「マーダー・ライド・ショー」(。。映画としては、あまりしっかりしてない。。??) 早朝だったため、家族を起こさないように、音量は低め。。。(そんな映画を早朝に。。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/16 07:31
DVDプレイヤーとしてのプレステ3(PS3)
ホームシアターを作りたくてアンプやらスピーカーやら、少しずつそろえていて、BDプレイヤーをどうしようかずっと迷っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/23 12:58
首にしこりが・・・
1か月前ぐらいにコメ粒ぐらいのしこりができているのに気づき、徐々に大きくなってきたので気になって病院に行くと、「たぶん問題ないけど検査も兼ねて切り取りましょう」と軽く言われる。一応診断は「石灰化上皮腫」。ちょっと細胞を取るとか、そんなものかと思っていたら、いきなり手術室ってことになって、ちょっとびびる。今まで、親知らずを抜くぐらいしかしたことがない体にいきなりメスが入るなんて。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 17:21
監督の似合わない金髪が悪い(20世紀少年)
堤幸彦監督いわく、マンガを完全にコピーしたという「20世紀少年」。絵面だけみれば確かにコピーと言えると思うけど、肝心の魂がぽっかり抜けた抜け殻のような映画だった。完全にコピーしたならこんなにつまらなくなるはずがない。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/23 06:46
初めて楽しかったドリームワークスのCGアニメ(カンフーパンダ)
「シュレック」にしろ、「マダガスカル」にしろ、どうも個人的になじめなかったドリームワークスのアニメだったけど、「カンフーパンダ」はかなり楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/10 07:56
ぽにょぽにょしてるからポニョ。
予告もよかったし、久々に肩ひじ張らない娯楽映画じゃないかと期待して行った「崖の上のポニョ」。結果は。。トトロ以上に子供向けの映画、という印象。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/09 07:54
それでもシャマランが好き
「ハプニング」を観に。「レディ・イン・ザ・ウォーター」の大コケで、進退窮まったシャマランの新作はアメリカでは大ヒットしたらしい。今回は予告の出来がかなり良いので、客が入ったのか、映画の内容が受け入れられたのか、よくわからないけど、予告から受ける印象を裏切る内容は相変わらずで、きっと「なんだそれ」と思う人も多いんじゃないかな。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/09 07:06
ポニョの予告
ポニョの予告を見ました。久々に宮崎駿の映画の予告でわくわくしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/29 06:45
還暦ランボー
予告がすごく気合が入っていて面白そうだったのと、「ロッキー」の最終話が予想以上に良くて、またスタローンを素直に応援したくなっていたので、「ランボー」も見に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/28 07:19
還暦インディ・ジョーンズ
ロッキー、ダイ・ハード、ランボーなど、往年の人気シリーズ復活祭(?)のトリで登場したインディ19年ぶりの新作は、アメリカでも日本でも大ヒットだそうです。。確かに、予告もよくできていたし、久々にレイダースマーチを聞くのも楽しみだし、気持ちはわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/28 07:02
変などんでん返し(ヒトラーの贋札)
「ヒトラーの贋札」がアカデミー外国語映画賞を獲ったそうですが、個人的には、どこが評価されたのか良く分からないところがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 07:25
俺たちフィギュアスケーター
アメリカで大ヒットしたらしい、男同士がペアを組むフィギュアスケートのお話。もともとアメリカはフィギュアスケートが好きな国だし、下ネタやブラックユーモア満載で、話としてもそこそこまとまっているので、大ヒットも分かる気はします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 08:46
不安が現実に。。(スウィーニー・トッド)
大好きなティム・バートンの新作なのに、題材に不安があったのと、予告にあまりわくわくしなかったので、期待よりも不安が勝っていた「スウィーニー・トッド」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 07:20
骨太シリーズ(ボーン・アルティメイタム)
ジェイソン・ボーンシリーズは今まで観たことがなかったので、今回の完結編公開に合わせて慌てて見たのですが、このシリーズはなかなかハイレベルにまとまっていたと思います。お互いに手の内を知り尽くしたプロ対プロの緊迫した対決を描けたのが良かったんでしょうね。他のスパイ映画と比べ、見応えのある骨太なシリーズでした。(3日で3本観たので、ちょっと疲れましたが。。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/07 19:02
黒の椿は色あせず(椿三十郎)
黒沢明版「椿三十郎」は黒澤映画の中でも最も好きな映画の一つで、今観ても十分楽しめる作品だと思います。個人的には白黒映画で「色」を感じた初めての映画でもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/04 14:30
カラスくんたち(クローズZERO)
なんだか評判のいい「クローズZERO」を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/12/15 08:03
エイリアン遂に地上に
年末に「AVP2」(エイリアンズVSプレデター)が公開されるようですね。前作は、もともと話としてまとめにくい両者の対決を、何とかうまくまとめた楽しい作品でした。そして、今度はいよいよエイリアンが地球上に下り、一般市民を巻き込んで暴れまくるみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/13 12:56
ヘアスプレー
何かと評判がいい「ヘアスプレー」を観てきました。ミュージカルは、楽しさや笑いの演出にはよく合うので、嫌いではないですが、最近は唯一ティム・バートンだけがミュージカルをうまく使って映画を作っていた感じでしたので、他の人の楽しい作品が増えてくるのはいいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/30 13:31
ゾンビーノ
ゾンビを飼いならす首輪が開発されてゾンビペットブームが到来する。。なんて設定だけで面白そうな映画が来ますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/25 12:54
スウィーニー・トッドの予告
「スウィーニー・トッド」の予告がサイト上に公開されましたね。印象は正統ゴシックホラー、という感じで、解像度が悪いせいかもしれませんが、あまりバートンの世界観は感じられず、ワクワクしませんでした。。音楽のせいもあるかもしれませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/11 13:07
ラッシュアワー3
久々のラッシュアワーは、内容的には、まあ可もなく不可もなく、想像以上でも以下でもなく、といった感じでしたが、とはいうものの、個人的にはもうジャッキーのアクションは見納めかな、なんて思ったりもしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/29 06:53
ミス・ポター
久々に心が洗われる映画でした。ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターを描いた映画は、伝記映画というよりも、美しい純愛物語でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/27 13:05
ビルとテッドの大大大冒険
「ビルとテッドの大冒険」の続編(正確には「同地獄旅行」の続編)の計画があるそうです。今や大スターとなったキアヌ・リーブスがブレイク前に出たお馬鹿なSFコメディで、彼は、単位が取れない、頭の悪い鼻たれ小僧役。単位をとるために友達とタイムマシンに乗って、偉人達に会いに行くというお話しです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/26 09:41
しゃべれどもしゃべれども
一人前になれない噺家と、一人前になれない人々とが交流することにより、それぞれが一歩ずつ成長していくという物語をさらっと描いたさわやかな映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/06/06 12:33
イノセントワールド 天下無賊
「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウの新作(といっても3年前の映画だけど)「イノセントワールド 天下無賊」を観てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/05 12:38
ブラッド・ダイアモンド
「ラストサムライ」のエドワード・ズウィックの新作「ブラッド・ダイアモンド」を観てきました。おそらく大半はフィクションでしょうが、すごく現実を意識している作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/18 09:22
ロッキー復活
「ロッキー・ザ・ファイナル」を観ました。予想以上に良くできていて、どうでもよくなっていたスタローンをもう一度応援したくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/10 18:39
ロッキー、ロッキー、ロッキー
ロッキー・ザ・ファイナルが公開されたようですね。全作見てる人にとってはまったく同じパターンの繰り返しっぽいし、初めて見る人にとっては古いスポコン映画にしか見えなさそうだし、きっとあまり見たいと思う人はいないだろうと思ってたのですが、最近のCM爆弾で、若い頃聞きまくった馴染みの音楽をテレビで繰り返し聞かされるうちに、ロッキーの続編ができると聞いたときのうんざりした気持ちが消えて、ちょっと見てみようかな・・なんて気持ちになってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/04/22 06:45
崖っぷちのポニョ・・
宮崎駿の新作がきまったそうです。タイトルは「崖の上のポニョ」。人魚姫と少年のお話だそうです。題材的には、宮崎駿にぴったりな感じでとても期待できそうですが、やめるやめると言いながら、作り続ける今回の言い訳は「ゲド戦記で息子に反抗された反省を込めて作る」んだそうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/20 12:24
プロジェクトBB
ジャッキー・チェンの新作の題名が「プロジェクトBB」で、しかもユン・ピョウが競演だと聞いて、てっきり「プロジェクトA」の続編なのかと思ったら、どうも赤ちゃん('B'a'B'y)を誘拐することになった泥棒のお話で、しかもコメディらしいです。(確かにマイケル・ホイも出てるし。。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/15 12:27
グエムル漢江の怪物
賛否あるようですが、公開時から気になっていた「グエムル漢江の怪物」を見ることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 13:26
今更ながら、アカデミー賞
ぱっとしないのは今年に限ったことではないしですが、何だか妙に違和感のあるアカデミー賞でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/02 12:59
それでも僕はやってない
「しこふんじゃった」が大好きで、「シャルウィダンス」もそこそこ好きな周防監督の10何年ぶりの新作は、彼が他のメディアで訴えている内容ほど何かを感じるものではありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/24 06:59
世界最速のインディアン
ニュージーランドの片田舎に住むちょっとバイクじゃ有名なおじいちゃんが、スピード狂の聖地アメリカボンヌビルで伝説を作るという実話を基にした物語ですが、レースのお話というよりも、田舎者のおじさんが周りの人の善意に支えられながら、ほのぼのとアメリカへと向かうロードムービーといった感じの映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/13 17:51
リトル・ミス・サンシャイン
「パプリカ」を見に行くついでに、何かもう一本見ようと思って探していたら、「リトルミスサンシャイン」がとても評判がいいのを知り、見に行ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/15 14:28
イマジネーションの爆発/パプリカ
今敏監督の新作「パプリカ」を最終日ぎりぎりに見ることができました。色々なイベントが複雑に絡み合う、相変わらずの今ワールドですが、今回は、何でもありの「夢の中」という舞台を手に入れ、彼のイマジネーションを思うがままに爆発させることができたという感じで、鳥肌が立つほど楽しむことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/12 10:18
クリスマス
クリスマスが出てくる映画は数多くありますから、思い出す映画もたくさんありますが、やっぱり僕はティム・バートンの「シザーハンズ」。雪の降らない町に毎年雪を降らせるエドワードと、その雪を見ながら毎年エドワードを思い出すキム。離れ離れに暮らさなければならなくなり、決して結ばれることのない恋人二人を、クリスマスの雪が結ぶ・・・思い出すだけで涙が出そうな、素敵なシチュエーションです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/24 18:15
やっぱり、なかなか死なない。
「ダイハード」の12年ぶりの続編の予告編が公開されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/22 08:46
還暦ロッキー
知らないうちに「ロッキー」の新作がアメリカで公開されていました。原題は「ROCKY BALBOA」。ロッキーのフルネームです。気合を感じるタイトルではあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/12/21 14:43
スウィーニー・トッド
ティム・バートンがまたまたジョニー・デップと組んで、またまたダーク・ミュージカルを撮るようです。彼のダークでシニカルなファンタジー世界にミュージカル(特にダニー・エルフマンだし)はとてもよく合いますね。今映画でミュージカルを違和感なく見せることができるのはきっと彼ぐらいじゃないでしょうか。(ただ、この作品はエルフマンではなく、舞台ミュージカルの音楽が使われるみたいなので、ちょっと残念ですが。。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/15 14:38
ボンド?ジェームス・ボンド?
「007カジノロワイヤル」を観ました。撮影中から評判が良かったとっても怪しい007最新作でしたが、結果は個人的には・・普通でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/13 13:10
フィリップ・ノワレ逝去
「ニュー・シネマ・パラダイス」(感想)でアルフレードを演じたフランスの名優フィリップ・ノワレがガンで亡くなられたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/29 16:13
スタローン引退。。
「ランボー4」でスタローンが俳優業から引退する、なんて噂が流れてますが、きっと「ランボー4」を売るためのネタなんでしょうね。配給権をめぐって法廷闘争が起こってるとか、色々話題を振りまいたり、頑張ってますが、結局それほどヒットはしないような気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/22 11:48
転校生、また転がる
大林宣彦監督が、自作「転校生」を24年ぶりにセルフリメイクするそうです。彼の尾道3部作は、とても純粋な彼の思いが、切なさと恥ずかしさの微妙なバランスの中で、気持ちよく心にしみてくる、僕にとって特別な存在です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/11/07 09:14
フラガール
ひょんなことから「フラガール」を観ました。松雪泰子主演でフラダンスの映画というだけしか知らず、あまり期待していなかったのですが、さえない人間たちが努力して成功するという僕の大好きな物語で、いい意味で裏切られる結果になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2006/10/25 11:06
時をかける少女
新作アニメ「時をかける少女」の評判がいいようです。大林宣彦監督の「時をかける少女」が好きなので、少し気になってはいたのですが、角川映画なので大したことないだろうと高をくくっていたところ、あまりに評判がいいので、急に気分が盛り上がってきました。(ちなみに大林監督版も角川映画ですが、2本立てのおまけ映画だったので、大林監督が自由に自分を出せたので、面白くなったと思っています) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/18 10:29
アンノウン
誘拐犯と人質が、密室で同時に記憶を失ったら・・・。ちょっとしたアイデアだけど、記憶を取り戻す過程を上手に描けたら、とても緊迫感のあるサスペンスになりそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/12 08:57
16ブロック
ダイハード×リーサル・ウェポンなんて、ふれ込みでブルース・ウィリス主演、リチャード・ドナー監督「16ブロック」が10月から公開されるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 12:34
パプリカ
「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」の今敏監督の新作「パプリカ」が正月に公開されるようです。個人的に日本映画では今一番新作が楽しみな監督さんなので、すごく待ち遠しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/11 13:51
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
前作「呪われた海賊たち」が予想以上に面白くて、すごく楽しみにしていた続編「デッドマンズ・チェスト」。確かに最初は楽しいんですが、2時間半の間、ジェットコースターに乗っけられて振り回されている感じで、最後の方は疲れきってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/08 14:43
花田少年史
見る直前まで全く知らなかったのですが、原作の同名漫画は、結構子供たちに人気があるらしく、夏休みの最後と重なって、小さい映画館でしたが子供連れの親子でいっぱいでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/06 08:36
おかえり、スーパーマン
「スーパーマン・リターンズ」は、20年ぶりに戻ってきても、きちんと「スーパーマン」で、それなのに20年の時代のギャップを感じさせない、安心して楽しめる映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/31 12:42
レディ・イン・ザ・ウォーター(その2)
久々に映画館に行きました。ここぞとばかりに3本ハシゴしたら、さすがに腰が痛いです。。そこで初めて「レディ・イン・ザ・ウォーター」の劇場用(?)ポスターと劇場予告を見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/08/30 13:33
ノンストップアクション、だけど・・(m:i:iii)
「M:i:iii」観てきました。 (以下ネタバレです) 最初から最後まで息もつかせぬノンストップアクションで、それなりに楽しく観れるんですが、数日(1週間ぐらい?)という短期間の話というのと、いくら偉い人とはいえ、中間管理職一人の判断であれだけ大規模の戦闘がアメリカのど真ん中(?←橋のシーン)でできちゃうっていうのがどうも不自然で、すっきり楽しめませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/21 16:21
スーパーマンが帰ってくるのに
スーパーマン・リターンズのメディアへの露出をちらほら見かけるようになりましたが、何か気合を感じられません。古いファンしか取り込めないと思ったのか、インターネットのオフィシャルサイトは手抜きで予告も見れないし、ポスターもどう見ても昔風。音楽はジョン・ウィリアムスのテーマはしっかり使われてるものの、アレンジも何もなく、むかしのまんまっぽい。。ちょっとがっかりです。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/14 18:27
きゅうり
帰省したとき、まだ1歳になったばかりの子供が、実家の畑で採れた野菜を欲しがって、ハムスターのように口いっぱいに放り込んで食べたのにはびっくりしました。離乳食もろくに食べようとしないくせに・・。特にきゅうりには目がないようで、口に入れすぎて、吐きそうになりながら、涙目でさらに口に突っ込む姿には、腹を抱えるほど笑いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/03 12:42
帰省
お盆前ですが、一足早く休みを取り、田舎(長野)に行ってきました。実家の周りは畑がどんどんなくなり、開発が進んでいます。「ふるさとは遠きにありて思うもの」という言葉が誰のものかは知りませんが、美しい故郷は遠くに居て、美しいままの思い出にしておくのが良いのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/02 12:21
シザーハンズ15周年記念DVD
僕の宝物の映画「シザーハンズ」のDVDが製作15年を記念して、いろいろオマケがついたアニバーサリーモデルとして再発売されるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/25 08:32
007カジノ・ロワイヤル
今度のボンドはなんだか地味で、あんまり見たくないなあと思っていたら、割と評判がいいようで、(まだ編集中らしいけど、なんで評判がいいんでしょう・・?)オフィシャルサイトの予告編を見てみたら、なんと今度は007誕生の物語のようですね。予告の出来もすごく良くて俄然気分が盛り上がりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2006/07/20 08:33
還暦ランボー
なんと「ランボー4」が作られるとか・・公開は再来年、20年ぶりの続編だそうです。何をやっても受け入れられなくなっていたスタローンですが、ついに完全にぶっ壊れましたね。「ロッキー」で映画を好きになるきっかけを作ってくれたスタローンは好きな俳優の一人なのですが、さすがに還暦ランボーには違和感がありますね。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/07/19 10:31
M:I:III
いよいよ公開されましたね、ミッション・インポッシブルIII。(もう1週間前ですが・・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 08:41
スーパーマン・リターンズ
久々にスーパーマンが帰ってきますね。バートンのバットマン以来、ずっとダークヒーロー流行りの感じですが、やっぱり品行方正、完全無欠の正しいヒーローといえば、スーパーマンでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/03 12:35
レディ・イン・ザ・ウォーター
シャマラン監督の新作が来ますね。「シックスセンス」で衝撃メジャーデビューしてから、何か見掛け倒しの変なオチで、みんなをがっかりさせ続けてきた感じですが、はたして今度はどうなんでしょうか?そちなみに僕は、どの作品も彼の思いに共感できるので結構好きで、今回も楽しみにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/30 08:41
死体の国と死体の花嫁
嫁さんが子供をつれて出かけたので、久々に一人の時間ができました。その間に見たかったのに見れなかった映画を借りてきて久々にビデオ三昧。なぜか「ランド・オブ・ザ・デッド」と「コープス・ブライド」の死人シリーズになってしまいました^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/21 16:24
スターウォーズDVDはLD!?
なんか、スターウォーズの旧3部作のオリジナル版DVDが昔のLDの素材をそのままコピーしただけ、なんて噂が流れてますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/09 15:22
世襲
宮崎駿監督の息子が「ゲド戦記」を監督するらしいですね。「ゲド戦記」といえば、もともと宮崎駿がすごく影響を受けている小説なので、きっと裏で彼自身がやってるに違いないと思っていたのですが、どうも父抜きでプロデューサと息子が話を進めているようです。親子が断絶状態なんてうわさも聞きますし・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/06 18:00
ガメラ
初期のガメラはまったく知らないのですが、いわゆる平成3部作(特に1作目)以来、すっかりガメラのファンで、3部作の特撮技術の進歩を観ながら、いずれ3作目の技術で1作目みたいな映画を作ってくれないかなあ、と切に願っていたのですが、意外に早くガメラが復活しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/28 12:11
続編、続編・・・
今に始まったことではないですが、ハリウッドは続編ラッシュ。でも最近「ダイハード4」やら「インディ・ジョーンズ4」やら「ゴースト・バスターズ3」やら、10年以上前の続編が同じようなキャストで作られるというニュースがいっぱいで、もう末期も末期、瀕死状態のハリウッドです。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/25 10:42
ジャケット
湾岸戦争で奇跡的に一命を取り留めた兵士が退役後、事件に巻き込まれ、なぜか精神病院に・・。そこで受けた危険な治療によって彼は現在と未来を行き来する・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 08:30
風が気持ちいい季節・・・のはずですが、雨ばっかりでうんざりです。もう梅雨みたいな天気ですね。このまま梅雨になって、梅雨が終われば、暑い夏になっちゃうんでしょうか。いい季節って短いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/19 08:18
風呂
最近、風呂に入ると深いため息が出ます。小さい頃は風呂も歯磨きや手洗いと同じようにいやな仕事のひとつでしかなかったのですが、最近風呂は1日の疲れがため息と一緒に出て行く気がする癒しの場所になりつつあります。きっと年ですね・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/11 13:38
スターウォーズオリジナル版DVD化
SW旧3部作が劇場公開時のオリジナル版でDVD化されるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/09 09:52
ポセイドン
僕が小さいとき大好きだった船のパニック映画「ポセイドン・アドベンチャー」がリメイクされたようです。昔のヒット作のリメイクが最近多いですが、必ずしも成功しているとはいえませんね。昔のお話をベースにしながらも、いかに現代にあった形にするのがポイントだと思います。ポセイドンの場合、そもそも「豪華客船」という舞台が、今の時代にあってるかどうか、かという気がしますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/27 08:29
リトルランナー
危篤のお母さんを目覚めさせるための奇跡を起こすために、少年はボストンマラソンに出場する−。実話ならいざ知らず、あまりにも伏線がなく、あまりにまっすぐな物語で、架空のお話と聞くとどうも納得がいきません。1950年代が舞台だし、てっきり実話かと思いましたが、現代だとあまりにうそっぽくなるので単にごまかしただけの舞台設定だったんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/05 08:36
ウォレスとグルミット
昔、たまたまテレビで見てすっかりファンになった「ウォレスとグルミット」に、なんと10年ごしの続編が長編作品として登場しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/03 12:41
スピリットSPIRIT
ジェット・リーの「SPIRIT」を見ました。久々に迫力のあるカンフー映画が見れたので、その点では満足ですが、主人公の生き様に感動するには、前半と後半のバランスが悪かったような気がします。後半を厚く描いてほしかった気がします。(というか、前半に力が入りすぎか?) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/30 12:53
東京タワー
最近地上波デジタル放送が受信できるようになったのですが、映像がきれいなのはもちろんですが、天気やらニュースやらをデータで気軽に見れるのがとても便利ですね。こういう情報はインターネットで見るからいいや、と思っていたのですが、やはり気楽に、簡単に見れるテレビの方がやっぱりいいな、と思うこのごろです。ま、情報自体は電波で飛んでこなくてもいいので、インターネット閲覧を気軽にテレビで出来るようになればいいだけのことなんですが、そういう世界にはなかなかなってこないですね。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/29 12:41
惑星ホスで冬季五輪が・・
冬季五輪が終わって随分たちますが(というか、もう桜が咲き出してますが)、夏季に比べて人気がない冬季五輪を盛り上げようと、2014年の同大会を惑星ホスで開催しようという動きが活発化(??)しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/23 08:37
御茶ノ水
よく出張で東京に行くのですが、今度御茶ノ水に行く機会が出来ました。 御茶ノ水と言えば、「男はつらいよ」の寅さんの口上を思い出します。下町の雰囲気と寅さんの粋な台詞が大好きで、学生の頃、たまたまやっていた全作品上映特集に毎日のように通ったのを思い出します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/13 12:44
人種差別
「ブロークバック・マウンテン」は監督賞だけで、作品賞を獲ったのは「クラッシュ」だったんですね。勘違いしてました。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/10 11:46
禁断の愛
知らないうちにアカデミー賞が終わっていました・・最近は特に興味もないし、何が賞をとろうがどうでもいいところもあるのですが、アカデミー賞があったことすら忘れていたなんて、我ながらちょっとびっくりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/08 13:49
ちょっとひんやりした朝が好きです。何でか分かりませんが、寒い朝でも絶対水で手を洗ったり、顔を洗ったりします。なんか朝お湯を使うと気持ち悪いんですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/04 07:58
嘘つき父さん
「ビッグフィッシュ」は大好きなティム・バートン監督の父子映画です。父親に長年不信感を持っていた息子が、父親の死のまぎわに父親に心を開き、理解するという、まさに正しい(?)父と息子の物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/01 12:41
キャッチボール
「フィールド・オブ・ドリームス」は父の子の映画で好きな作品の一つです。分かり合えることがないまま、死んでしまった父親と息子が、天国の父親とキャッチボールを交わすことで、心が通じ合うという、何とも素敵なお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/28 12:33
父と息子の映画
久しぶりに映画を観ました。見に行った映画は「単騎、千里を走る」。娯楽作が続いたチャン・イーモウ監督が高倉健と組んだドラマです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/25 21:31
縞馬男
ハリウッドには、もともと子供向けのヒーローを大人向けにうまく映画化した作品がたくさんあるのに、日本ではほとんど見当たらないのが残念ですが、最近では「ゼブラーマン」なんかは好きな映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/23 12:35
タロとジロが・・
知らないうちに「南極物語」が、ハリウッドでリメイクされ、先週の興行第1位になってて、びっくりしました。(遅い?)もう、ハリウッドのネタなしも末期常態ですね。日本で儲けようって感じもぷんぷんするしなあ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/22 11:17
美女と家族と人造人間
「シザーハンズ」は僕にとって宝物のような映画です。バートン監督は初期に「フランケンウィニー」という、死んだ愛犬を生き返らせる少年の話を作っていますから、彼も「フランケンシュタイン」が好きなのでしょう。そういう点で、「シザーハンズ」は現代版「フランケンシュタイン」といえなくもないですが、大きな違いは、永遠に心がつながる彼女と、心優しい家族と知り合えることです。上手に感情を表現することができない人造人間の主人公と、彼の心優しさを理解し、冷たい世間から守ってあげようとする女性とその家族。まさにストライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/21 13:02
美女(?)と人造人間
フランケンシュタインは作り出した博士の名前というより、作り出されたモンスターの名前になってしまっていますね。ホラー映画のキャラクターとして独り立ち(?)していますが、1931年の映画は、とても悲しい人造人間の物語です。原作もそうなのかは知りませんが、作家が女性なだけに、きっとそうなのでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/20 12:47
梅田
原チャリに乗って金属バットを振り回すヤンキーと戦う夢を見ました。。最近よく夢を見るなあ。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/02/17 11:55
美女(?)と怪獣
もうじきピクサーがディズニーから独立して、これからますます面白くなるぞと期待していた矢先に、買収されるなんてニュースを聞いてがっくりしている日々です。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 12:56
恐竜
死んだワニがうじゃうじゃいるワニ園で恐竜に追われる夢を見ました。。映画が見たい。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/14 12:14
「平成狸合戦ぽんぽこ」の舞台で、雪の中、アシタカとナウシカが再会する感動的なラストシーンを、夢で見ました。まさに「ジブリがいっぱい」です。。もう半年も映画を見てないので末期症状かも。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/13 08:34
美女と野獣
何がしかのハンディやコンプレックス(見た目とかじゃなく)を持っているために、本当の自分を出すことができずに、どうしても他人に理解されないような男が、初めて自分を理解してくれる人に出会うような「美女と野獣」タイプの映画(勝手にそう呼んでます)も好きな映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 10:04
イタリアの種馬
「ロッキー(感想)」は、僕が映画を好きになるきっかけを作ってくれた映画で、やっぱり努力もせずに社会の隅っこでくすぶっている男がでっかくなる話です。主人公のロッキーだけでなく、友人も町の人間も、町全体さえも、全くさえない状態です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/10 11:42
裸の男
「フルモンティ」は、炭鉱を首になったさえない男ががんばるイギリス映画です。炭鉱は首になるは、妻には逃げられるは、子供の親権はとられるは、の全くさえない男が選んだのは、ストリッパーになって金を稼ぐこと、とこれまたなんともさえない選択です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/08 12:28
さえない男の映画
どうも僕は、さえない男や社会の隅っこにいる人間が、回りに支えられながら努力をしてでっかくなってく話とか、コンプレックスを持ってたり回りに理解されない男が、本当の自分を理解してくれる女性や人々に出会ったりする映画が好きなようです。そういう映画は少々出来が悪くても、ポイントが高くなったりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/07 13:03
新幹線
月に何回かは出張で名古屋から東京に行くのですが、「のぞみ」ができてから、随分東京が近く感じるようになりましたね。小さい頃は憧れだった新幹線も今やただの移動手段。外を眺めることもほとんどなく、寝るか仕事かという感じです。 さて、新幹線の映画といえば、「新幹線大爆破」ですかね。新幹線に爆弾が仕掛けられ、あるスピード以下になったら爆発する、というサスペンス。高倉健さんが犯人役で主演の、なかなか面白い映画でした。(「スピード」はこの映画のパクリっぽい。。) あと、ヨーロッパの新幹線TGV(無理やり?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/06 10:27
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
今更ですが今年はモーツアルトの生誕250年ということで、彼の誕生日1月27日前後には色々なイベントが行われてましたね。その天才モーツアルトと宮廷音楽家サリエリの人生を描いた映画「アマデウス(感想)」のサントラは大好きなCDのひとつで、今でもよく聞いています。(私のモーツアルトの知識はそれ以上はありませんので、彼が好きとか何とかいえるほどのものではないですが・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/03 12:46
今年は本当によく雪が降りましたね。また週末寒くなるようですが、早くあったかくなってほしいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/02 12:32
子供
うちの子はもう6ヶ月にもなるのに、夜1時間おきに泣くこともあり、結構つらいです。。でも、あやすと、手足をバタバタさせて笑ったりして、子供の笑顔って本当に癒されますね。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/01 12:27
雨・・・
今日は久々に雨が降ってます。久々とはいえ、やっぱり雨はいやですね。外出する予定のない、ゆったりした休日の雨は好きなんですが。(勝手なもんです・・) 雨といえば、「となりのトトロ」の雨のシーンが好きです。雲の色、空気の色、景色の色合い・・・(多分小さいときの経験からくる)僕のイメージする雨の日の雰囲気にぴったりです。 宮崎監督は雨、風などの自然を実に上手に描く人ですね。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/01/31 12:21
田舎が海のないところだったせいか、小さい頃から海を見ると異様にうれしくなります。海辺の親戚の家に泊まって、波の音で目が覚めたときは感動モノでした。最近、沖縄で鯨を見たのですが、大小の波が複雑に重なりあった海とその中から優雅に姿を見せる鯨の姿には本当に感動しました。鯨になりたい。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/30 16:37
星空
小学生のとき行った山間学校(当時地元ではこう呼んでました。林間学校のことです)で、真っ暗な山から見上げた星空は、光る砂を撒いたように星でいっぱいの、まさに満天の星空で、とても感動的でした。その星の中を、ゆっくりと移動している人工衛星の光を見て、UFOかも、とワクワクしたのも覚えています。 映画に出てくる星空は、どうも人工的で、なかなか実物以上に表現するのは難しいようですが、「ストレイト・ストーリー(感想)」の星空は、なかなか良くかった覚えがあります。 人工衛星が話題に出てくる映画で思い出すの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/29 09:44
夜が明るくなって、月や星がどんどん目立たない存在になってきてる感じがしますが、月は生物の生理的リズムを陰で支配している星で、だからというわけかどうかは知りませんが、月って何か気になります。。 さて、月が印象に残る映画といえば、やっぱり「E.T.」でしょうか。それ以前にはなかった程のでかい月を自転車に乗ったE.T.と少年たちが横切るシーンは感動的でした。その後、負けじとアホみたいにでかい月が色々な映画に登場し、ちょっと呆れましたが。(それだけ真似したかったことでしょうね) あと、1作目の「バッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/28 10:22
青空
青い空と白い雲が好きで、いろいろなところで撮った青い空を携帯の待ち受けにしています。青い空が印象的な映画といえば、「天空の城ラピュタ(感想)」。大きな夏の入道雲を見ては、宮崎監督の想像力の大きさに感心したものです。ラピュタに出てくる海賊たちが乗るフラップターは死ぬまでに一度は乗ってみたいですね。高所恐怖症なんですけど(きっとラピュタの半球体は透明になった瞬間に死にます)。「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」のオープニングのフライング・デロリアンから見る空のシーンや「ロケッティア」の青空を飛び回る... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/27 12:31
ピーター・ジャクソン
今公開中の「キングコング」。1933年の名作の雰囲気がたっぷり(リメイクだから当たり前か・・)で、すごく観たかったんですが、もうじき終わっちゃいそうですね。。監督のピーター・ジャクソンは、「ロード・オブ・ザ・リング」ですっかり巨匠っぽくなっちゃいましたが、もともとはニュージーランドでB級スプラッタを撮ってたオタク監督でした。初監督作「バッド・テイスト」の頃から知ってるので、何か不思議な感じです。この「キングコング」は念願のリメイクだそうで、気合が予告編からもプンプン匂ってきてました。終わる前に見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/26 23:10

トップへ | みんなの「映画」ブログ

Stranger than Paradise 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる