美女(?)と怪獣

もうじきピクサーがディズニーから独立して、これからますます面白くなるぞと期待していた矢先に、買収されるなんてニュースを聞いてがっくりしている日々です。。

ピクサーはそれまでのアメリカアニメとは違い、意地悪なイタズラや暴力の描写も、差別的な視点もない、とてもいい作品ばかりを作ってきましたが、僕が一番すきなのは「モンスターズインク」です。

美女と野獣タイプの映画に入れてしまうのは、少し強引な気もしますが、心優しいモンスターと小さな女の子との心の交流を描いた心温まる作品です。(以降ネタバレあり)叫びよりも子供の笑いが世界のエネルギーになるなんていうのも、いい話です。個人的には、ラストは再会できない方が好みですけどね。

大ヒットした「ニモ」は、親子愛の押し売りっぽく(ある意味ディズニーっぽい?)て、嫌いです。。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック