美女と家族と人造人間

「シザーハンズ」は僕にとって宝物のような映画です。バートン監督は初期に「フランケンウィニー」という、死んだ愛犬を生き返らせる少年の話を作っていますから、彼も「フランケンシュタイン」が好きなのでしょう。そういう点で、「シザーハンズ」は現代版「フランケンシュタイン」といえなくもないですが、大きな違いは、永遠に心がつながる彼女と、心優しい家族と知り合えることです。上手に感情を表現することができない人造人間の主人公と、彼の心優しさを理解し、冷たい世間から守ってあげようとする女性とその家族。まさにストライクゾーンです。

この映画の美女は後に私生活で万引きでつかまってしますが・・T_T(金持ちなんだから何も万引きなんかしなくてもねえ・・)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック