イタリアの種馬

「ロッキー(感想)」は、僕が映画を好きになるきっかけを作ってくれた映画で、やっぱり努力もせずに社会の隅っこでくすぶっている男がでっかくなる話です。主人公のロッキーだけでなく、友人も町の人間も、町全体さえも、全くさえない状態です。

そんな彼が、ひょんなことから世界チャンピオンと対戦することになり、くすぶっていた町が活気付いていいくのですが、その盛り上がって行く感じがいい感じです。

その中でも、まったくさえないのがロッキーの彼女の兄。短気で、酒ぐせが悪く、才能もない。そのくせさびしがり屋の彼が、成功しそうなロッキーと妹に嫉妬して大暴れした挙句、「俺を大事にしろ」なんて、泣き出したりします。そんな彼も愛すべきさえない男でした。

「イタリアの種馬」(日本語だとちょっとかっこ悪いですが、英語にすると"Itarian Stallion"と韻を踏んでちょっとかっこいい感じ)はロッキーのリングネームです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画 イタリア的、恋愛マニュアル

    Excerpt: イタリア的、恋愛マニュアルは、 恋愛に臆病な人の背中をそっと押してくれるような 温もりに満ちた心温まる映画です Weblog: 映画DVD情報ナビ racked: 2007-07-11 01:16