風が気持ちいい季節・・・のはずですが、雨ばっかりでうんざりです。もう梅雨みたいな天気ですね。このまま梅雨になって、梅雨が終われば、暑い夏になっちゃうんでしょうか。いい季節って短いですね。

さて、風で思い出す映画といえば、「ルパン三世カリオストロの城」で塔のてっぺんに閉じ込められたクラリスが、助けに来たルパンに気づくシーン。全く空気が動かないはずの部屋に、緩やかな風が吹き、誰かが来たことに気づく・・・宮崎駿はこういうの、うまいですよね。

「ニューシネマパラダイス」の冒頭、地中海が見える窓辺に鉢があって、白いレースのカーテンがゆれているシーン。とても気持ちのいい風が吹いてる感じがするシーンです。

また、宮崎ですが、「となりのトトロ」でさつきが薪を運んでいるときに薪をも吹き上げる突風が吹くシーンも思い出します。きっとネコバスが通ったんだな、というシーンです。そういえば、トトロに乗っかって、飛び回るシーンでは、さつきが「私たち風になってる」って言いますね。小学生にしてはちょっと大人びた台詞で、あまり好きではないんですが、言わせたい気持ちは分かります。

気持ちいい風が吹く青空が恋しい日々です・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック