黒の椿は色あせず(椿三十郎)

黒沢明版「椿三十郎」は黒澤映画の中でも最も好きな映画の一つで、今観ても十分楽しめる作品だと思います。個人的には白黒映画で「色」を感じた初めての映画でもあります。

そんな名作のリメイクに無謀にも挑戦したのは角川映画。そして、なぜか森田芳光と織田裕二。。どう考えても期待できないこの組み合わせをなぜか観てしまうことに。

結果は可もなく不可もなく。というか、もともと脚本がいいだけに、そのままなぞれば、つまらなくなるはずもない、といったところでしょうか。心配された織田裕二の演技も、意識的に三船敏郎を真似たところもあり、いつものわざとらしさがなくなってて観れました。

ただ、セットは全くのセット丸出し、蝋燭の明かりも太陽の明かりも全く同じ薄っぺらい映像、そのせいで肝心の椿は偽物のよう。。で、舞台ならいざ知らず、映画としては、何ともはや、といった感じ。

結局名作の脚本に頼ったリメイクで、オリジナルの引き立て役にはなっても、追いつくことも、超えることもできない作品ってとこでしょうか。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック