俺たちフィギュアスケーター

アメリカで大ヒットしたらしい、男同士がペアを組むフィギュアスケートのお話。もともとアメリカはフィギュアスケートが好きな国だし、下ネタやブラックユーモア満載で、話としてもそこそこまとまっているので、大ヒットも分かる気はします。

とはいえ、ライバルやコーチ、親との関係など、もうひと押しできればすごくいい映画になったのになあ、といういい加減なところもいっぱいで、数あるプログラムピクチャーの中では比較的よく出来ていた、といった程度でしょうか。

でも、国外はほとんど意識せずに白人アメリカ人だけに向けて作られたような、ある意味アメリカ的な映画を見るのも、たまには楽しいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック