ポニョの予告

ポニョの予告を見ました。久々に宮崎駿の映画の予告でわくわくしました。

予想外のポニョのキャラクター、CGが混じっていない(ように見える)スケールのある絵作り、男の子が中心の物語(っぽい)、映像と合わないようで絶妙に合う変な歌。。

思えば、トトロ以来、宮崎駿は「女の子」が「男の子」に会う物語で、僕としては「ラピュタ」以来、「男の子」が「女の子」に出会う話を待っていて、今回は久々の「男の子」が「女の子」に出会う話(ちょっと普通とは違うけど)で、それだけでちょっとうれしかったりします。

純真なポニョが持つ何やら強い力、それを助けようとする男の子、という話(と予告で決めつけるのはダメだけど)は正に宮崎駿。最近の数本は、もともとCGに合わない絵なのに、変にCGが混じってて、予告だけで萎えてたのに、今回は漫画映画って感じでこれまたいい感じ。

今度は何やらすごく気合を感じます。

「ハウル」は予告で持った違和感がぬぐい切れずに、結局映画館にも行かずじまいでしたが、今回は絶対見に行こうって気にさせる予告でした。過度な期待は、勝手な妄想になるので、禁物ですが。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック