スラムドッグはロッキーだった(スラムドッグ・ミリオネア)

アカデミー賞で8部門も受賞して、評判も高い「スラムドッグ・ミリオネア」を観る。

個人的には、決して悪い作品ではないけど、本当にアカデミー賞で8部門も受賞するほどの映画かといえば、それほどでもないって感じ。悪く言えば、昔からあるラブストーリー、サクセスストーリーをインドというエキゾチックな舞台で再現しただけ。ただ、やっぱり多くの人が、まだこういうまっすぐな話を欲していて、上手くはまれば、感動できるんだな、とも思うと、安心したりもする。

脚本のサイモン・ビューフォイは、「フルモンティ」でも、さえない人々のちょっとしたサクセスストーリーを、スポ根のノリと笑いを交えて成功させ、この作品でも同じような手法で、もっとさえない(と言うと問題があるが)社会の底辺で生きる人を、もっと大きなサクセスストーリーとして成功、アカデミー賞まで獲ってしまった。両作品を見て感じるのは、両方「ロッキー」っぽいこと(笑)。サクセスストーリーってことは別にして、「フルモンティ」では茶化し気味の練習シーンでそう感じたし、今作では、スラムの住人たちの期待を受けて、その代表として成功を手にする雰囲気が、よく似ている。きっと「ロッキー」が好きに違いない。。

ちなみに、個人的には、「フルモンティ」の方が断然好き。インドという異国を舞台にしたせいか、何となく、地に足がついていないというか、ぐっと深く入り込めてないって感じがする(この辺は監督にも関係するところだと思うけど)。

ともあれ、インドを舞台にしたインド人だけしかでない映画(ストーリーは微妙に西洋っぽいけど)を評価したというのは、欧米(米英だけ?)も懐が深くなってきたかな。。?けど、成人ラティカは、インド的な美しさが全くない、西洋で受けそうな整形美人にしちゃってるとこを見ると、やっぱり、まだまだかな。。?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スラムドッグミリオネア

    Excerpt: ◇関連トピックス【楽天VIDEO会員は見放題】『スラムドッグ$ミリオネア』特別映像商品価格:294円レビュー平均:0.0   ・NHL:レッドウイングズ、4連勝で準決勝へ P.. Weblog: 速報!営業に役立つニュース一覧 racked: 2009-04-24 20:52