HDMIケーブルの干渉(BDP-LX91のPURE AUDIOモードの威力)

そもそも、デジタル信号は「1」か「0」の集合なんだから、デジタル信号を読み取れなければ、ノイズになったり、音や映像が飛んだりするだけで、画質や音質の劣化があるなんて思ってもみなかった。けど、そんな信号の欠落を、再生機が適当に補正して、原信号と違った形で復元するために、原音と違った音や映像になる(劣化する)んだっていう話をどこかで読んでから、画質と音質の劣化はありえるんだと納得している。リアルタイムで処理しなきゃならない音楽や映画で、100%原信号を復元するのは難しいんだろうな。。

HDMIは音声や映像、最近はイーサネット対応までして、色々なデジタル信号を一本で伝送できる便利なケーブルだけど、細いケーブルで大量の信号を送るので、それぞれの信号が干渉しあって、結構劣化しているらしく、それを回避するために、映像用と音声用にHDMI端子を別々に持つプレイヤーも最近は結構出てきているみたい。

BDP-LX91は、多分HDMI端子を2系統持った最初のプレイヤーで、「Pure Audio」モードを選ぶと映像信号と音声信号を分離できるんだけど、常にそれで観ているので、その違いや威力を実感しないままでいた。

たまたま、昨日、借りてきた「ブレイブワン」を観ていて、平凡な音だなあなんて思っていたら、「Pure Audio」モードにし忘れていたことに気づき、たいして面白くもなかったので、すぐ適当なシーンを見返してみることにした。(よかった映画は見終わった後になかなか見比べてみる気になれない。。)

結果としては、映像については、シーンによっては違いが分かる部分もあるものの、まあそんなに大きな違いはないという印象だったけど(「Pure Audio」モードだもんね)、音声の方は、こもり気味だった音が、すーっと耳の奥まで響き渡って来るような、明らかに大きな違いがあった。

音声信号より、映像信号の方が情報量が多いはずだから、きっと映像信号が音声信号の邪魔をいっぱいしてるんでしょうね。この音で最初から観ていたら、「ブレイブワン」も、もう少し面白く観れたかも。。


■パイオニア【Pioneer】ブルーレイディスクプレーヤー BDP-LX91★送料無料!【BDPLX91】
家電のSAKURA 楽天市場店
ディスクに収められた感動をあますところなく引き出す、フラッグシップモデル。■新世代ビデオエンジンがも


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る





ブレイブワン(Blu?ray Disc) / ジョディ・フォスター
イーベストCD・DVD館
メーカー名ワーナー・ホーム・ビデオタイトルブレイブワン(Blu?ray Disc)アーティストジョデ


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック