3D映画を2Dで観るということ。。

最近流行の3D映画。そして、その3D(を前提とした)映画初体験となった「アリス・イン・ワンダーランド」。とはいえ、昔々の赤青メガネ時代の3D映画のトラウマから、どうしても3Dでは観る気になれず、2Dで観る。

内容的にはディズニーランドのアトラクションのようで、とても評価できるものではないけど、これだけヒットしているのは、アトラクションとしての3D体験が相当楽しいからなんだろうなって思う。2Dで観ていると、余計3D用の演出が目立つものの、3Dで観ていてもうんざりした昔のそれと比べて、すごく自然で、きっと、昔のようなこけおどしの立体ではなく、その場に溶け込むような体験ができそうな感じ。そんな3D用の演出とは別に、どうもバランスがおかしくて奇妙に思えたシーンが、今になって3D用のバランスなんだと気づいて、こりゃ3D映画を2Dで観るのは無理かもしれないと思い始めている。

スクリーンに向かって物が飛んできたり、穴に落ちてったり、といったいかにも3D的な映像は、2Dで観ても単に立体に見えないだけで、画面のバランスに違和感を感じることはなかった。それより、赤の女王の横に並んでいるときにしっかり大きかった家来(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のダメ父ちゃんとはびっくり)が、赤の女王の玉座の横(画面では奥)に立ったときに妙に小さく見えたり、巨大なはずのアリスが部屋の奥にいるときに妙に小さく見えたりしたのは、SFXの不備ではなく、3Dで観たときに違和感のないように調整した結果だったんだ。。これじゃ、3Dで観て、気に入った映画が今後出てきても、うちで観れないんじゃ。。

映画は元来映画館で観るもの。だから、映画に呼び込むための3Dという玉を決して否定はしないけど、今や映画産業は映画館だけではなく、テレビやビデオ配信やレンタルビデオ、パッケージ販売などトータルで商売を考えているはず。3Dでなければ楽しくない映画は、映画館に呼ぶことはできても、トータルで損をすることになるかもしれないよ。。なんて、余計なお世話を思ったりするのは、自分がBDを買って繰り返しうちで楽しもうと思える映画が少なくなるんじゃないかと、ちょっと不安になるからかな。。そのうち、3Dをうまく料理できる演出家が現れて、家でも普通に3Dなんてことになるかもしれないけど。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック