3D映画は進化していた!(アリス・イン・ワンダーランド)

2Dで観た「アリス・イン・ワンダーランド」がどうにもつまらなかったのに、なぜか大ヒットしているのはきっと3Dが面白いからに違いないと気になって、あまり気乗りがしなかった3Dで観てみることにした。

果たして、予想は当たり。あたりまえながら内容はまったく同じなのにえらく楽しい。物が飛んできたり、穴に落ちていったりする、いわゆる3D映画らしい部分はなんとも感じなかったけど、バートンの嫁さん演じる赤の女王のデカ頭の立体感とCGネコの立体感と質感が凄くよくて、2Dで観たときには感じなかったアンダーランドの映像にしびれる。電気屋で観たサンプル映像のような全てにピントがあっているのに手前がとびだす、みたいな変な映像はなく、遠いところはきっちりぼけてて、さすがきっちり作ってある。アクションシーンも立体で見ると迫力がぜんぜん違った。結局、3Dでの迫力を前提にした画面構成にしているので、2Dではつまらないんだろうなあ。。

奥行きのあるシーンでは、何枚かの層に分かれたような感じで、滑らかな立体感がなかったり、まだまだ改善の余地はありそうだけど、昔に比べてずいぶん進化していていて、楽しく、これなら観てもいいなって思う。。ヒットしているわけだ。

。。けど、やっぱりこれは映画というよりアトラクションの楽しさだよなあ。。ま、映画の黎明期はきっと内容よりもこういう「体験が楽しい」娯楽だったんだろうなって思うから、否定するつもりもないけど。。

しかし、3Dで観ないと楽しくない映画は家でどうしたらいいんだろう。。3Dは当然スクリーンの淵で飛び出した映像が切れて不自然になるので、淵が視界の外にでるぐらいの大きなスクリーンで観た方がいいから、家のテレビが3Dになっても、悪い面ばかりが目立ってちゃう気がするな。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック