(BD/ブルーレイ)風の谷のナウシカ

ジブリのBD第2弾は、名作「風の谷のナウシカ」。とはいえ、小さいTV画面でしか観たことがなく、しかも一度も面白いと思ったことがなかった作品。理由は人間の汚した地球を虫たちが浄化するという世界観は好きだったものの、ナウシカと彼女と敵国、動物や虫などの世界との関係ががあまりにも甘いと思ったから。だからラストも好きじゃなかった。そんなうまいこといくか、と。

ところが、十何年かぶりに無性に観たくなり、見直したところ、今更ながらとてつもなく感動してしまった。。きっと宮崎も人間と地球との関係には絶望していたんだと思う。人間が滅びなきゃ、地球はきれいにならない、と。。そんなことは分かっていつつ、ナウシカに全ての理想と希望を詰め込んで、思ってもないハッピーエンドにしたことを、若い僕には理解できず、というより反発し、今(おそらくこの作品を作ったころの彼と同じぐらいの年)になってようやく理解した、というより共感できた。

さて、BDとしては。。音質、画質ともずいぶん評判が悪いけど、今出すならサラウンドに録り直せよ、ていう変なのも多い。2chで作られた作品が5.1chじゃないから悪いなんてどうかしてると思う。作られた当時の最良の状態を再現されるのが一番いい。なので音質に不満はなし。

画質も決して悪くなく、大画面で見ても当時手抜きなしで作られたんだなあと分かる(ちなみに映像はDLA-HD350のステージモード)。BDにするならBD用に映像をいじりたおせなんていう人も多いようだけどナンセンスに聞こえる。ただ、画面全体がぼけたようなカットがいくつかあってちょっと気になった。こちらは、公開時のミスのような気もするから、公開時にそうであったとしても直して欲しかったなあとは思う。

BD版「ナウシカ」への批判は、極端に言えば、BDの能力に合わせて「ローマの休日」をカラーで3Dにして5.1chにしてほしいなんて言うのと同じようにも聞こえる。みんなこの映画が大好きで思い入れがあるからがっかりするんだろうな。。その気持ちは分かる。僕は今までこの作品に思い入れがなかったから、きっとその辺の違いかな。。

個人的には、大きなスクリーンできれいなナウシカを観ることができて、この映画を本当に好きになれたという点でも満足の一本。やっぱ高いけどね。。。

〔仕様〕
・映像:1080/24p(16:9) AVC
・音声1:リニアPCM 2ch/日本語
・音声2:ドルビーデジタル 2ch/英語、フランス語、ドイツ語、韓国語、広東語、北京語
・字幕:日本語、英語、フランス語、韓国語、中国語

〔印象〕
・画質:全体的に良いが、ぼけたシーンだけは直してほしかった
・音質:普通


風の谷のナウシカ【Blu-ray Disc Video】
楽天ブックス
島本須美(SHIMAMOTO SUMI)/納谷悟朗(NAYA GORO)/松田洋治(MATSUDA


楽天市場 by 風の谷のナウシカ【Blu-ray Disc Video】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



風の谷のナウシカ [Blu-ray]
スタジオジブリ
2010-07-14

ユーザレビュー:
レンタル版を借りまし ...
また赤い…画質に関し ...
テロ金を巻き上げるた ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風の谷のナウシカ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 風の谷のナウシカ

    Excerpt: コミック版「風の谷のナウシカ」を購入→試してみました! Weblog: 通販日記。 racked: 2010-09-25 16:58