泥棒ぐらしのアリエッティ(借りぐらしのアリエッティ)

ジブリの新作は、カオナシのモデルにもなったらしい宮崎駿期待(?)の新人監督のデビュー作。
宮崎以外のジブリはあまりみるきがしないけど、「昔のジブリが好きな人に」なんていう雑誌の記事に感化され行きたくなる。

ジャストアイデアっぽい小品ではあるけど、宮崎も泣いちゃったらしいラストは確かにちょっと素敵なシーンだった。けど、全体としては中途半端な設定が多いので、不満の方が多い。変に宮崎や過去のジブリへのオマージュなんか差し込むぐらいなら、アイデアを膨らます方に時間をかけて欲しかった。

せめて借りてきた物のお返しがあれば、それだけでだいぶ小人に感情移入できるのに。盗んどいて「借りぐらしよ」では納得できんでしょ。ポニョといい、宮崎駿の教育感はどうなっちゃったんだろう?トトロだって傘のお返しにドングリをくれたのに。

ラストが良かっただけに残念。。「昔のジブリが好きな人に」っていうのも嘘。見たこともない人かあまり思い入れのない人の言葉だろうな。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック