予定どおりの復活(君たちはどう生きるか)

個人的には若い頃夢中になった宮崎ワールドの復活を望みつつも、ずっとそれを拒み続け、それはそれで面白かったものの、ここ何作かは、衰えを隠しきれなかった、御大。

引退は撤回されるのは、予想どおりだったけど、思ったより少し遅かったかな。

待ちに待った、冒険活劇!と言いたいところだけど、もう76歳。。ポニョの雨の中の車のシーンや、風立ちぬの戦闘機や地震のうねりのような、違和感の塊のような活劇なら観たくない。しかも、題名は「君たちはどう生きるか」。若い作家の題名ならいざ知らず、おじいちゃんが作るとなると、説教臭さを感じるばかり。

プロデューサーのコメントは、引退もプロモーションの一部と疑われるようなもので、そこまでやらなきゃ売れないと踏んでるのかと、期待より不安が大きい。

原発の事で、アホらしいコメントを連発して、作品以上に二人に幻滅した後だし、歳も歳だし、今さらコナンやルパン、ラピュタのような生き生きした活劇も望むべくもなく、あまり気持ちはあがらないなあ。若い才能も次々出てきてるしね。

公開が近づいてくると、盛り上がってくるのかな。。

"予定どおりの復活(君たちはどう生きるか)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント