テーマ:美女と野獣タイプの映画

美女と家族と人造人間

「シザーハンズ」は僕にとって宝物のような映画です。バートン監督は初期に「フランケンウィニー」という、死んだ愛犬を生き返らせる少年の話を作っていますから、彼も「フランケンシュタイン」が好きなのでしょう。そういう点で、「シザーハンズ」は現代版「フランケンシュタイン」といえなくもないですが、大きな違いは、永遠に心がつながる彼女と、心優しい家族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美女(?)と人造人間

フランケンシュタインは作り出した博士の名前というより、作り出されたモンスターの名前になってしまっていますね。ホラー映画のキャラクターとして独り立ち(?)していますが、1931年の映画は、とても悲しい人造人間の物語です。原作もそうなのかは知りませんが、作家が女性なだけに、きっとそうなのでしょうね。 誰にも理解されずにどんどん追い込ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美女(?)と怪獣

もうじきピクサーがディズニーから独立して、これからますます面白くなるぞと期待していた矢先に、買収されるなんてニュースを聞いてがっくりしている日々です。。 ピクサーはそれまでのアメリカアニメとは違い、意地悪なイタズラや暴力の描写も、差別的な視点もない、とてもいい作品ばかりを作ってきましたが、僕が一番すきなのは「モンスターズインク」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美女と野獣

何がしかのハンディやコンプレックス(見た目とかじゃなく)を持っているために、本当の自分を出すことができずに、どうしても他人に理解されないような男が、初めて自分を理解してくれる人に出会うような「美女と野獣」タイプの映画(勝手にそう呼んでます)も好きな映画です。 普通の生活では、理解されない側にも責任はあるとは思いますが、どうしても受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more