テーマ:映画

(BD/ブルーレイ)サマーウォーズ

映画館で観たかったけど、残念ながら見逃してしまった「サマーウォーズ」。ようやくBDで出たと思ったら、何だか変なオマケがてんこ盛りで、法外な値段。。レンタルもないし、アコギだなあ。。なんて思ってたら、ヤフオクで本体だけで出品されていたので、それを入手。 人の絆という定番のテーマを、現実社会(それも旧家の大家族)とネットの仮想現実を絡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリス・イン・バートンランド

「スウィーニー・トッド」では彼らしさを出し切れなかった感じがするティム・バートンの新作は誰でも知ってる「不思議の国のアリス」(アリス・イン・ワンダーランド)。(といっても、僕は全く観たことない。。)しかも因縁の(?)ディズニー映画。 ポスターは極彩色満載でチャーリーのチョコレート工場の中のような感じ。カラフルなバートンの映像はちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼブラーマンが帰ってくる。。とわ。。

何気にWebをぶらぶらしてたら検索結果に「ゼブラーマン2」の記事が出てて、ガセかと思って見てみたら、どうやら去年の10月に製作発表があったらしく、本気っぽくてちょっとびっくり。 1作目は、もう少し人間ドラマに踏み込んでたらなあって残念な部分もあったものの、日本製の大人のためのヒーロー映画として十分ハリウッドアメコミヒーロー達と張り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ

単独の映画として見たときの出来は別として、子供の頃にアニメを楽しんだ世代が大人になって観る作品としては、こんなに良くできた映画はない気がする。 キャラ達は実写として違和感なく上手にアレンジしてるし(ボヤッキーとトンズラーのアレンジはうますぎ)、子供の頃感じたちょっとエッチな雰囲気を程よい(ちょっと多すぎ?)下ネタにしたり、忘れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)スターシップ・トゥルーパーズ

DVDとブラウン管で何度も観ている映画だけど、久々に見たくなって購入。 発売は2007年と少し前だけど、画質の評判が良かったので、映画館で観たときの、虫の群れの迫力と宇宙空間に飛んでくるプラズマ砲(虫のお尻から出る。。)の美しさを再体験できるかとわくわくして観た。相変わらずのバーホーベン節と、それなりのストーリーは置いといて、虫の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ドラゴン・キングダム

「酔拳」でカンフー映画の面白さを知った僕にとって(といっても個人的には酔拳以外に面白いと思ったものはないけど)、カンフースターといえば、もちろんジャッキー・チェン。そして彼が純粋なカンフー映画を撮らなくなった頃(といっても純粋なカンフー映画自体が受けなくなったんだろうけど)、「少林寺」で正に本物の少林寺拳法を披露し、新たなカンフースター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)パプリカ

今敏監督の作品は、どれも大きなハズレがない。好きなのは「パーフェクトブルー」と「東京ゴッドファーザーズ」だけど、「パーフェクトブルー」の画質は評判が悪すぎて買う気になれないし、「東京ゴッドファーザーズ」はそもそも出る気配もない。久々に今映画が観たくなったので、画質の評判がいい、「パプリカ」を買ってみる。 久々に観て、初めて観た時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)チャーリーとチョコレート工場

有名童話を、ティム・バートンが彼らしいセンスで味付けしたミュージカル。「ビッグ・フィッシュ」に続き、父と子の関係を描いていて、子供ができて作風が少しずつ変わってきてる感じがした頃の作品。何といっても、ダニー・エルフマンの音楽に乗って歌って踊るウンパ・ルンパが楽しい。 「スウィーニー・トッド」で暗い映画に戻ったけど、どうもつまらなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)アマデウス・ディレクターズカット

まさに「アカデミー賞」に相応しい、名作「アマデウス」。その公開版に、モーツアルトが堕落していく描写と、コンスタンツェとの確執の原因ともなるシーンが追加されたのがこの監督再編集版。 サリエリが一線を越えてしまう感じと、モーツアルトが堕落していく感じの、二人の正反対の精神的な苦悩の対比が、追加されたシーンによって、更に強烈なものになっ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

HDMIケーブルの干渉(BDP-LX91のPURE AUDIOモードの威力)

そもそも、デジタル信号は「1」か「0」の集合なんだから、デジタル信号を読み取れなければ、ノイズになったり、音や映像が飛んだりするだけで、画質や音質の劣化があるなんて思ってもみなかった。けど、そんな信号の欠落を、再生機が適当に補正して、原信号と違った形で復元するために、原音と違った音や映像になる(劣化する)んだっていう話をどこかで読んでか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日

もう20年近く前、弟が中学か高校生のころかな。。 もう寝ようかと思って、居間に下りて行くと、夜中に友達と初詣に行ってくると言ったまま帰ってこない弟を寝ずに待っている母親がいて、なんだかかわいそうで、それに付き合って明け方近くまで付き合ったことが何年かあった。 その時決まって放送されていたのが、「マイ・フェア・レディ」。スラム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)崖の上のポニョ

他に出してほしい映画はたくさんあるのに、ジブリの初BDは最新作の「崖の上のポニョ」。「子供が最初に観る映画として作った」というこの映画、大人が観るには中途半端、子供が観るには小難しい設定が邪魔な気がするし、親が子供に見せるには教育的に問題がある部分が多い。。と個人的にはどうも納得いかない映画だけど、大ヒットしたみたいだし、「売れる」BD…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

続・夢のホームシアター2(AVアンプ・TA-DA5500ESを買う)

サンタの許可がおりて、届いたAVアンプ、TA-DA5500ES。 配線をし直すついでに、スピーカーケーブルもリアスピーカーを付けた時に余ったちょっと太めのやつをフロントとセンターに付け替えて、アンプを交換。パーツは先代のTX-SA606に比べ立派(あたりまえか。。)付け線もしやすい。ラックにもぴったり(ぎりぎり)収まり、同じ真っ黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・夢のホームシアター(画面と音のバランス)

一旦は十分だと思った我が家のホームシアター。だけど、しばらくすると、音響的に何というか、でかい音は出てとりあえずサラウンドにはなっているもののいまいちグッとこないなあと段々不満がたまってくる。 最初から不満だったセンタースピーカーからの音声は、古いスピーカーのせいかと替えてみたもののあまりかわらず、自動設定から少しレベルを上げてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)バットマン リターンズ

ヒーロー映画の流れを大きく変えた、ティム・バートン監督の傑作がようやく(バラで)登場。いくら1,2作目が好きでも、嫌いな3,4作目と一緒に買う気にならなかったから、うれしくて仕方ない。しかも、2000円程度で買えるなんて嬉しい限り。 それぞれ心に闇を抱え、世の中と相容れないバットマンと悪役の対決は、ちょっと古さが見える部分もあるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ビートルジュース20周年記念版

ティム・バートンの長編デビュー作で、彼の映画にはまる前の名前も知らない時期に観た作品。BDが2千円ぐらいで安くなっていたので、買ってみることに。公開以来観ていないので、20年以上ぶりの再見。当時の記憶としては、何とも言えない不思議な映画だなーって思ったのと、所ジョージがアドバイザーをしたとかいう字幕が最低だったという怒りぐらいしか覚えて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)平成ガメラ Blu-Ray BOX

公開時、脚本の緻密さと実在感のある巨大怪獣の描写に、正しい大人のための怪獣映画にやっと出会えたと興奮した一作目。 脚本的には、良くあるパターンであんまり好きじゃなかったけど、日本映画の頂点と言ってもいいSFXとアクションシーンの演出がかっこよかった三作目。 戦争シミュレーションっぽい展開に個人的には怪獣映画としては違和感を感…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ビッグ・フィッシュ

大好きなティム・バートンの父子物語。ホラ吹き男爵ばりの父親と、それを理解できない息子が父親の病気をきっかけに、絆を深めていく。息子が父親のホラ話の締めくくりを語るラストシーンは感動的。一風変わったバートンが、自分の息子(がいたかどうか知らないけど)に語りかけているようにも見える。家族を持って、ちょっと変わったかな、と思わせる作品。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新スタートレックは旧スターウォーズだった

何かと評判がいい、新「スタートレック」。僕は、オリジナルTVシリーズは観たことはなく、映画から入ったクチで、他のSFシリーズと違い、舞台が宇宙と言うだけでなく、宇宙サイエンス・フィクション的なネタが散りばめられていて、それなりに楽しんでみていた、という感じ。でも、一番楽しかったのは番外編的な4作目「故郷への長い道」なので、ちょっと正統じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVDプレイヤーとしてのBDP-LX91(「ALWAYS三丁目の夕日」を観る)

ネットでは評判の悪い(といっても、同じ人が書いていることが多い気がするけど)BDP-LX91(パイオニア)のDVDアップコンバータ機能。 個人的には、PS3との比較を実際にしてみて(DVD「ジュラシックパーク3」)、ネットで言われるような出来の悪さは全く感じず、画面全体を見たときの立体感という点で、BDP-LX91の方がいいと感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ブレードランナー ファイナル・カット

その世界観と謎の多さで、カルト的な人気を誇った初公開版だけど、年齢のせいもあっただろうし、小さいテレビで観たこともあってか、個人的にはどうしてそんなに盛り上がるのか理解できずにいた。 そんな初公開版から10年後、リドリー・スコットが本当に作りたかったという「最終版」として再公開されたときに映画館で観て、主人公デッカードの位置付けが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ダイ・ハード4.0

「ダイ・ハード」シリーズ12年ぶりの新作は、残念な出来だった2、3作目を軽く超え、1作目の正しい続編として、個人的には十分「あり」の出来。マクレーンは、かなり卑屈になっていて、キャラ的に「リーサル・ウェポン」のリッグスっぽくなっちゃってたり、アクションはほとんど漫画で笑えてくるところもあるけど、単純に楽しめる映画としてBDをもっててもい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

最近では「スウィーニー・トッド」がパッとしなかったものの、大好きなティム・バートンの大好きな作品。監督作ではないけど、監督作以上にバートンらしい作品といえる。それまで普通の社会と普通じゃない自分のギャップで悩む作品ばかりだったのに、「別にいいじゃん」と開き直った点で、彼のフィルモグラフィーの一つの転換点ともいえると、個人的には思う。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ダイ・ハード

久々に(BDでは初めて)見直した「ダイ・ハード」は、やっぱりアクション映画の傑作だなあ、と思った。脚本がすごく良くできてるし、映像も格好いいところがいっぱいあるし、今見直してもほとんど古さを感じないし、いやあ、楽しかった。。。んだけど、BDのデキという点では、どうもなんだか、不満がいっぱい。 映像がいまいちシャキっとしない。20年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動の高画質(BDP-LX91)

残像が気になって、色々な映画の気になったシーンをもう一度観直して、色々いじくっている最中に、BDP-LX91の設定ミスに気付いた。。それもかなり大きな。 BDP-LX91にはそれぞれに音声と映像を割り当てられるようになっているHDMI出力が2系統(通常MAINを音声、SUBを映像)あって、高画質設定をするためには映像側を「HDMI…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)鉄コン筋クリート(UK版)

前から気になっていた「鉄コン筋クリート」。 国内版はないけど、イギリス版のBDが某オークションで出ていたので、買ってみることに。調べてみるとイギリスのamazonでも買えるらしい。それも送料を入れても格安で。日本語字幕があるのは限られているとはいえ、日本版を買うのがバカバカしくなるような値段。。画質に差があるのならまだしも、そうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロジェクターの残像

ホームシアターにしてから、うちで映画を観るのが楽しくて仕方がない。映像も音響も僕のレベルでは大満足。 。。なんだけど、どうしても気になって仕方がないことがひとつだけある。一定以上の動きのあるシーンで、残像と言うかちらつきと言うか、映像のぶれが起こる。ぼやけると言うのでもなく、液晶のようにべたーっと残るような残像でもなく、前のコマが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スラムドッグはロッキーだった(スラムドッグ・ミリオネア)

アカデミー賞で8部門も受賞して、評判も高い「スラムドッグ・ミリオネア」を観る。 個人的には、決して悪い作品ではないけど、本当にアカデミー賞で8部門も受賞するほどの映画かといえば、それほどでもないって感じ。悪く言えば、昔からあるラブストーリー、サクセスストーリーをインドというエキゾチックな舞台で再現しただけ。ただ、やっぱり多くの人が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)スリーピー・ホロウ

大好きなティム・バートン監督が、新しい映像センスを見せてくれた大好きな映画「スリーピー・ホロウ」。首なし騎士が夜な夜な現れ、住人を殺していく、ゴシックホラー。 BDで買うのは、基本的に映画館で観て、気に入った作品なので、個人的にはBDの評価は、うちで見てその映像が映画館での体験に匹敵するかどうか。せっかくホームシアターを組んだんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ニューシネマパラダイス

僕の宝物の映画のひとつ「ニューシネマパラダイス」。 公開時、ラストシーンで涙が止まらず、初めて完全版を見て怒りがとまらず(笑)、何度も初公開版を観ているうちに、トルナトーレの言いたかったことが、僕が初めて観て感動したところと違うことに気付いてきて、完全版も許せるようになってきた今、あらためてBDで見直して。。あまりの美しさに感動! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more