美女と野獣

何がしかのハンディやコンプレックス(見た目とかじゃなく)を持っているために、本当の自分を出すことができずに、どうしても他人に理解されないような男が、初めて自分を理解してくれる人に出会うような「美女と野獣」タイプの映画(勝手にそう呼んでます)も好きな映画です。

普通の生活では、理解されない側にも責任はあるとは思いますが、どうしても受身の人間は、自分が垣根を越えていくより、他人に超えてきてほしいと思ってしまうものでしょう。

僕が、さえない男が努力してでっかくなる映画が好きなのは、自分が持っていないものへの憧れからだと思いますし、美女と野獣タイプの映画が好きなのは、自分の気持ちを投影できるからなんだと思います。。

ちなみに「美女と野獣」そのものは、本を読んだことも映画を見たこともありません^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック