世襲

宮崎駿監督の息子が「ゲド戦記」を監督するらしいですね。「ゲド戦記」といえば、もともと宮崎駿がすごく影響を受けている小説なので、きっと裏で彼自身がやってるに違いないと思っていたのですが、どうも父抜きでプロデューサと息子が話を進めているようです。親子が断絶状態なんてうわさも聞きますし・・

世襲が出来る職業(政治家とか・・)なんて、きっと誰でも出来るようなものしかないはずで、スポーツ選手とか芸術家とか、本当に才能が必要な職業で2世が活躍するのはごく稀なことだと思います。

その稀なケースになればいいですが、単に名前だけで映画を売ろうという作戦なら、興行的には別にして失敗は必至でしょうね。

初監督で、父の愛する「ゲド戦記」に手を出すとは、なかなか肝の据わった息子ですな。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック