骨太シリーズ(ボーン・アルティメイタム)

ジェイソン・ボーンシリーズは今まで観たことがなかったので、今回の完結編公開に合わせて慌てて見たのですが、このシリーズはなかなかハイレベルにまとまっていたと思います。お互いに手の内を知り尽くしたプロ対プロの緊迫した対決を描けたのが良かったんでしょうね。他のスパイ映画と比べ、見応えのある骨太なシリーズでした。(3日で3本観たので、ちょっと疲れましたが。。)

一作目の「ボーン・アイデンティティー」は、銃撃戦が少なく、頭脳戦と肉体戦が中心の緊迫した展開が良かったのですが、カーアクションシーンや恋愛の展開がちょっと古臭い印象を受けました。

二作目「ボーン・スプレマシー」は、監督が変わったせいか、前作でちょっともたついたカーアクションを含むアクションシーンが切れ味があり、一番好きな作品。色恋沙汰を排除できて、締まった展開に出来たのが良かったと思います。ただ、爆弾のトリックが、「プロなら分かるだろ」という感じで、しょぼいのが残念。

で、三作目「ボーン・アルティメイタム」。相変わらずの緊迫感には思わず唸ってしまうものの、ジェイソン誕生の秘密を明かすのにちょっと時間を割きすぎで後半ちょっと飽きてしまうところも。

というわけで、個人的には全体的にちょっとづつ不満はあるものの、非常に統一感がある、よくまとまったシリーズだったと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック