感動の高画質(BDP-LX91)

残像が気になって、色々な映画の気になったシーンをもう一度観直して、色々いじくっている最中に、BDP-LX91の設定ミスに気付いた。。それもかなり大きな。

BDP-LX91にはそれぞれに音声と映像を割り当てられるようになっているHDMI出力が2系統(通常MAINを音声、SUBを映像)あって、高画質設定をするためには映像側を「HDMIハイスピード」設定にしておかなきゃいけないのに、それをすっかり忘れていた。。というか、ハイスピードにしない方がいいらしい音声の方をハイスピードにしている始末。

残像を比較しすぎて頭がぼーっとし始めたところで、それに気付き、何気にプチッとした次の瞬間、現れたのは、正に目の覚めるような鮮やかな映像!何と言うか、色の幅が格段に広がり、思わず声をあげてしまったほど。ほんの一月とはいえ、色あせた(?)映像のまま何本も観てしまったことを後悔。。

PS3からの移行時、ちょっと比較をしてみて、音声は別にして、映像的には立体感と色合いの違いはあっても、そんな大きな違いはないのかも。。なんて思ってたのは大きな間違いだった。高画質設定にしたその映像は、音質同様段違い。高い金出しても、買ってよかったと思える域。

ありがとう、BDP-LX91。さらにオウチ映画の楽しみが増えた感じ。



Pioneer ブルーレイディスクプレーヤーBDP-LX91表示価格よりさらにさらに大幅値引き!お問い合わせください。
ジョイフルオクダ電機楽天市場店
Pioneer ブルーレイディスクプレーヤー表示価格よりさらにさらに大幅値引き!お問い合わせください


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

2009年05月19日 16:27
私も最初の一体型AVアンプYAMAHA DVX-S100を買った時、BSデジタルの音声入力を「PCM」と「ビットストリーム」の切り替えに気づかずに使用していて、サッカーや野球の5.1chサラウンド放送を2chのまましばらく聴いていました。

「5.1ってこんなものかなぁ?」なんて思いながら.....
切り替えに気づいてホントの5.1chを聴いた時には感動したのを思い出しました。

BDP-LX91の本来の実力に劇的に触れられたStranger than Paradiseさんの気持ちが良くわかります。
2009年05月20日 12:41
お久しぶりです。

セッティングすると、見たい気持ちばかりはやってしまうんですね。。

普通にアンプの設定を間違えたり、ウーハーのスイッチ入れ忘れたりもします。。途中で気付くとへこみますね。。

この記事へのトラックバック