新スタートレックは旧スターウォーズだった

何かと評判がいい、新「スタートレック」。僕は、オリジナルTVシリーズは観たことはなく、映画から入ったクチで、他のSFシリーズと違い、舞台が宇宙と言うだけでなく、宇宙サイエンス・フィクション的なネタが散りばめられていて、それなりに楽しんでみていた、という感じ。でも、一番楽しかったのは番外編的な4作目「故郷への長い道」なので、ちょっと正統じゃないかも。オリジナルメンバーがいなくなったシリーズは、全く観ていない。

で、オリジナルメンバーを取り上げた新作、個人的にはあまり気にしてなかったんだけど、かなり評判がいいので、見に行ってみることに。

やっぱ、知った名前のキャラクター達(しかもみんな雰囲気が割と似ている)が次々と出てくるのはちょっと楽しい。ばらばらだったキャラたちが、段々一つにまとまっていくのもまあまあいい感じ。。。なんだけど。。この映画の中で一番SF的な、時間軸が交錯する設定に、あまりスタートレック的SFのときめきを感じない。ちょっと青春映画っぽすぎだし、アクションをふんだんに取り入れたかったせいかカークがやんちゃすぎだし、雪の星で出てくるクリーチャーは根拠なさすぎだし、その星で、再開する人物に出会うのは全くの偶然だし、その人がどうやって生き延びてこれたのか不明だし、スタートレックにしちゃ、あまりにスターウォーズっぽい。

個人的には、心がくすぐられる「最後のフロンティアでの冒険」って雰囲気がもう少し欲しかった。ま、そういうこだわりがなかったからこそ、ヒットしたんだろうけどね。。JJエイブラムスは「スタートレック」は特に好きじゃないと言っているらしいけど、きっと「スターウォーズ」は好きなんだろうな。(僕もそうだけど。。)

しかし、万引き事件を起こして、なりを潜めていたウィノナ・ライダー。。すっかり老け込んで(メイクもあるけど)、お母さん役になっちゃってるなんて。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック