(BD/ブルーレイ)天空の城ラピュタ

宮崎駿のすべてが詰まった名作「天空の城ラピュタ」がようやく登場。またこういう映画を、と多くの人が思っていると思うけど、きっともう無理なので(といいながら最後の花火を期待してたりするけど)、この映画を繰り返し楽しむしかない。それほど思いが強くて何度も観てるくせに、実は映画館で観たことがなかったりする。。。ので、比較はテレビで観てきたものとの比較になるけど、大画面で観たという感動はそれほど強くなかった。

「風の谷のナウシカ」のBDでは、当時の画質や音質を再現したんだから不満はないなんていいながら、この満たされない感じはやっぱり、思い入れの違いなんだろうな。。何度も見ている作品だから、大画面、サラウンドで観たときの新しい感動をくれ!って。これじゃ、「ナウシカ」が好きで、BDの画質や音質に文句を言ってた人と同じだ。。そうだよなあ、ナウシカはつまんなかったのが面白く感じることができたのが新たな感動だったけど、何度も見倒したこの作品に、ストーリーで新たに感動できるところってもうないんだもん。。

だから、決してBDとして出来が悪いという訳ではないので、初めてかそれに近い人が見る分には十分だと思う。空から落ちてくるシータの浮遊感、機関車とオートモービルの圧巻のチェイス、フラップターが青空を飛び回る爽快感、どれもいい感じ。だけど、個人的に今まで観てきたもののそれを超えたかというと、そんなでもない。。

。。どれも音が、足りないんだ。ステレオとはいえ、スピーカーを超えてこっちに届いてこない。。竜の巣の爆音、それに軋むタイガーモスの金切り音、フラップターの羽音、水柱の爆発音、ゴリアテの砲撃、火の海となる要塞、崩れ落ちるかわいそうなロボット、泣き叫ぶシータ、ラピュタが崩れ落ちる音、バックで流れる美しいコーラス、どれも音が足りない。俺を大迫力の音で包んでくれ!。。って、もうこれは思い入れからくる、期待との相違でしかない。。でも、ファンてそんなもんだよね。


〔仕様〕
・映像:1080/24p(16:9) AVC
・音声1:DTS-HD 2chサラウンド/日本語
・音声2:ドルビーデジタル 2ch/英語、フランス語、ドイツ語、韓国語、広東語、北京語
・字幕:日本語、英語、フランス語、韓国語、中国語ほか

〔印象〕
・画質:全体的に良いが、シータのアップでの目の横の色むらだけは直してほしかった。。
・音質:普通すぎる。。


天空の城 ラピュタ【Blu-ray Disc Video】
楽天ブックス
田中真弓(TANAKA MAYUMI)/横沢啓子(YOKOZAWA KEIKO)宮崎駿(MIYAZA


楽天市場 by 天空の城 ラピュタ【Blu-ray Disc Video】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



天空の城ラピュタ [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2010-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天空の城ラピュタ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック