テーマ:BD/ブルーレイ

(BD/ブルーレイ)ガンバの冒険

小さい頃見たアニメの中で、忘れられない作品が二つある。一つは「未来少年コナン」、もう一つが「ガンバの冒険」。 コナンは、引退宣言し、案の定また復活しそうな感じもプンプンする宮崎駿のデビュー作で、その後の彼の作品の要素が全て詰まった名作。娘の大のお気に入りにもなって、BDが擦り切れるほど?繰り返し見て、完全に元が取れた感じ笑。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供のお気に入り(未来少年コナン)

子供は、気にいると、同じ映画を何度も何度も見ると聞いたことがあるけど、自分の娘には当てはまらないなあ、と思っていた。 毎週、たまごっちとポケモンは見ているものの、同じ回を繰り返し見ることはないし、何度か見ていたのは、「千と千尋の神隠し」(ちょっとかわり者?)も2、3度で見飽きた様子。 それが、ひょんなことから、「未来少年コナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)おおかみこどもの雨と雪

映画館で見たくて仕方なかったのに、見逃してしまった細田守監督の最新作が、BDで登場。公開の度に気になっていながら未だに映画館で彼の作品は見れておらず、3作すべてBDでの視聴。 「時をかける少女」も「サマーウォーズ」も、好きな作品ではあるものの、ちょっとした違和感があり、心から好きになるところまではいかないながら、今敏が亡くなり、宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)宇宙人ポール

たまたま見て、今年一番のお気に入り映画になった「宇宙人ポール」が、BDで登場。 過去のSF映画(だけじゃないけど)のパロディやオマージュが満載で、それらを知っていると楽しさ倍増のSFコメディ。というか、それを知らない人が見ると、ほとんど面白くないかも。。元ネタを思いつくままあげてみると、「スターウォーズ」、「スタートレック」、「E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)未来少年コナン Blu-Ray メモリアルボックス

最近は、コナンと言えば「名探偵」だけど、僕らの世代にはやっぱり「未来少年」。この奇跡のような名作テレビシリーズがついにブルーレイで登場。誰でも知ってる宮崎駿の本格デビュー作と言えば、若い世代も少しは観る気が起きるかもしれません。 物語は、「カリオストロの城」、「ナウシカ」、「ラピュタ」、さらにはその後の作品にも通じる、宮崎駿らしさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー

久々に見たジュラシックパーク・シリーズはとても楽しかった。 1作目。公開時は、スピルバーグくささというか、演出がワンパターンだなあ、なんて印象もあったけどど、しばらくスピルバーグから離れてから見直すとなつかしいやら、嬉しいやらのスピルバーグ節を堪能。技術に頼らず、見せるところと見せないところを使い分け、じらしたり、ハラハラさせたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX

エピソードI~IIIは、良い意味でも悪い意味でもスターウォーズといえるものだったと思うけど、エピソードIV~VIが好きな人の夢をほとんどぶち壊し(少しは夢を満たして)、I~IIIでスターウォーズを初めて体験する人には昔初めてI~IIIを見た人たちが感じたワクワク感を与えられず、結局中途半端なシリーズになってしまった気がする。 さら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)レスラー

何をやってもだめな、盛りを過ぎたレスラーの物語。不器用で、大人になりきれなくて、がんばろうと思っても結局できなくて、どこか思い当たることがあるおじさんにはたまらなく切ない話。彼女や娘とのエピソードを含め、脚本がとても良く、これを一時期セクシー男優で有名だった、ミッキー・ロークがひどいおっさんになって演じているのが、余計切ない。レンタルも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)キック・アス(レンタル版)

ふざけてそうで、以外とまじめな等身大ヒーロー映画。 子供が大量殺人するなんて、なんて批判ももっともだけど、映画と割り切って観れば、ヒットガールの子供ならではのアクションシーンは映画史に残るかっこよさ。どうせ18禁(日本じゃ15禁)なんだし。ニコラス・ケイジのおばかパパぶりとバットマン風ビッグダディへの変身(変装?)シーンは笑える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ。。が出ないなんて)ぼくのエリ 200歳の少女

去年の夏、何気に映画館に行って、すごく感動した作品。美しい映像、切ないストーリー、久々のいい映画でBDが出たら買おうと決めてたのに、DVDしか出ないなんて。。なんてことだ(怒) 仕方なくDVDをレンタルで観る。プロジェクターでどっぷり浸りたいところだけど、さすがにDVDではつらいので、テレビで。改めて感動、画質もとてもきれい。映画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)天空の城ラピュタ

宮崎駿のすべてが詰まった名作「天空の城ラピュタ」がようやく登場。またこういう映画を、と多くの人が思っていると思うけど、きっともう無理なので(といいながら最後の花火を期待してたりするけど)、この映画を繰り返し楽しむしかない。それほど思いが強くて何度も観てるくせに、実は映画館で観たことがなかったりする。。。ので、比較はテレビで観てきたものと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)時をかける少女(2010年版)

何度も映像化されている「時をかける少女」。でもやっぱり好きなのは大林宣彦+原田知世の1983年版。角川のアイドルを使いながらも大林らしいマニアックな演出でファンも多いと思う。その続編的作品が、仲里依沙主演のこれ。 母のメッセージを伝えるために、深町君に会いに過去に行く。。 予告の雰囲気が良かったので、映画館に観に行ったけど、観客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)リトル・ミス・サンシャイン

バラバラになりかけの家族が、末娘を美少女コンテストに連れて行くことになり、おんぼろワーゲンバスに乗って旅をしていく中で、ちょっぴり絆を深めていくというロードムービー。映画館では、なんかいいなあ、ぐらいだったけど、無性に見直したくなって購入。(ジャケットもいいし) つまらなかったら売ればいいやと思って見直すと、映画館で観たとき以上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)サイドウェイ

20世紀フォックスが一部のBDを値下げした直後、楽天ブックスで2枚買うと500ポイントつくキャンペーンをやってて、観たことがないのに「リトル・ミス・サンシャイン」といっしょに購入。色々賞をとったり、日本でリメイクされたりしてたし、何となくいい映画そうだったけど、観てもないのに買ったのは初めて。結果は大正解。 作家志望のしがない教師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)風の谷のナウシカ

ジブリのBD第2弾は、名作「風の谷のナウシカ」。とはいえ、小さいTV画面でしか観たことがなく、しかも一度も面白いと思ったことがなかった作品。理由は人間の汚した地球を虫たちが浄化するという世界観は好きだったものの、ナウシカと彼女と敵国、動物や虫などの世界との関係ががあまりにも甘いと思ったから。だからラストも好きじゃなかった。そんなうまいこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)シザーハンズ

僕の宝物の映画の一つで、ティム・バートンが大好きになるきっかけとなった「シザーハンズ」。ブルーレイが出だした初期のころから発売されていたけど、画像の評判が微妙で、買うのをためらっていた。値段も安くなってきたし、久々にどうしても「シザーハンズ」を観たい気分だったので購入。 まず冒頭のシーンの画質がひどい。。映画館で観た時もそうだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)サマーウォーズ

映画館で観たかったけど、残念ながら見逃してしまった「サマーウォーズ」。ようやくBDで出たと思ったら、何だか変なオマケがてんこ盛りで、法外な値段。。レンタルもないし、アコギだなあ。。なんて思ってたら、ヤフオクで本体だけで出品されていたので、それを入手。 人の絆という定番のテーマを、現実社会(それも旧家の大家族)とネットの仮想現実を絡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ヤッターマン てんこ盛りブルーレイ

単独の映画として見たときの出来は別として、子供の頃にアニメを楽しんだ世代が大人になって観る作品としては、こんなに良くできた映画はない気がする。 キャラ達は実写として違和感なく上手にアレンジしてるし(ボヤッキーとトンズラーのアレンジはうますぎ)、子供の頃感じたちょっとエッチな雰囲気を程よい(ちょっと多すぎ?)下ネタにしたり、忘れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)スターシップ・トゥルーパーズ

DVDとブラウン管で何度も観ている映画だけど、久々に見たくなって購入。 発売は2007年と少し前だけど、画質の評判が良かったので、映画館で観たときの、虫の群れの迫力と宇宙空間に飛んでくるプラズマ砲(虫のお尻から出る。。)の美しさを再体験できるかとわくわくして観た。相変わらずのバーホーベン節と、それなりのストーリーは置いといて、虫の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ドラゴン・キングダム

「酔拳」でカンフー映画の面白さを知った僕にとって(といっても個人的には酔拳以外に面白いと思ったものはないけど)、カンフースターといえば、もちろんジャッキー・チェン。そして彼が純粋なカンフー映画を撮らなくなった頃(といっても純粋なカンフー映画自体が受けなくなったんだろうけど)、「少林寺」で正に本物の少林寺拳法を披露し、新たなカンフースター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)パプリカ

今敏監督の作品は、どれも大きなハズレがない。好きなのは「パーフェクトブルー」と「東京ゴッドファーザーズ」だけど、「パーフェクトブルー」の画質は評判が悪すぎて買う気になれないし、「東京ゴッドファーザーズ」はそもそも出る気配もない。久々に今映画が観たくなったので、画質の評判がいい、「パプリカ」を買ってみる。 久々に観て、初めて観た時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)チャーリーとチョコレート工場

有名童話を、ティム・バートンが彼らしいセンスで味付けしたミュージカル。「ビッグ・フィッシュ」に続き、父と子の関係を描いていて、子供ができて作風が少しずつ変わってきてる感じがした頃の作品。何といっても、ダニー・エルフマンの音楽に乗って歌って踊るウンパ・ルンパが楽しい。 「スウィーニー・トッド」で暗い映画に戻ったけど、どうもつまらなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)アマデウス・ディレクターズカット

まさに「アカデミー賞」に相応しい、名作「アマデウス」。その公開版に、モーツアルトが堕落していく描写と、コンスタンツェとの確執の原因ともなるシーンが追加されたのがこの監督再編集版。 サリエリが一線を越えてしまう感じと、モーツアルトが堕落していく感じの、二人の正反対の精神的な苦悩の対比が、追加されたシーンによって、更に強烈なものになっ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)崖の上のポニョ

他に出してほしい映画はたくさんあるのに、ジブリの初BDは最新作の「崖の上のポニョ」。「子供が最初に観る映画として作った」というこの映画、大人が観るには中途半端、子供が観るには小難しい設定が邪魔な気がするし、親が子供に見せるには教育的に問題がある部分が多い。。と個人的にはどうも納得いかない映画だけど、大ヒットしたみたいだし、「売れる」BD…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)バットマン リターンズ

ヒーロー映画の流れを大きく変えた、ティム・バートン監督の傑作がようやく(バラで)登場。いくら1,2作目が好きでも、嫌いな3,4作目と一緒に買う気にならなかったから、うれしくて仕方ない。しかも、2000円程度で買えるなんて嬉しい限り。 それぞれ心に闇を抱え、世の中と相容れないバットマンと悪役の対決は、ちょっと古さが見える部分もあるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ビートルジュース20周年記念版

ティム・バートンの長編デビュー作で、彼の映画にはまる前の名前も知らない時期に観た作品。BDが2千円ぐらいで安くなっていたので、買ってみることに。公開以来観ていないので、20年以上ぶりの再見。当時の記憶としては、何とも言えない不思議な映画だなーって思ったのと、所ジョージがアドバイザーをしたとかいう字幕が最低だったという怒りぐらいしか覚えて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)平成ガメラ Blu-Ray BOX

公開時、脚本の緻密さと実在感のある巨大怪獣の描写に、正しい大人のための怪獣映画にやっと出会えたと興奮した一作目。 脚本的には、良くあるパターンであんまり好きじゃなかったけど、日本映画の頂点と言ってもいいSFXとアクションシーンの演出がかっこよかった三作目。 戦争シミュレーションっぽい展開に個人的には怪獣映画としては違和感を感…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

BDプレイヤーとしてのBDP-LX91(「ダークナイト」を観る)

購入前、色々な記事でBDP-LX91の音声、画質がすばらしいというのを読んで、どうしても欲しいなんて思いながらも、自分にその違いが分からなかったらどうしようなんてちょっと不安だったりもした。その前に使っていたPS3は、音声は別にして、画質的にはほぼ不満はなかったし。(唯一「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」だけが評判ほどの綺麗さを感じな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ビッグ・フィッシュ

大好きなティム・バートンの父子物語。ホラ吹き男爵ばりの父親と、それを理解できない息子が父親の病気をきっかけに、絆を深めていく。息子が父親のホラ話の締めくくりを語るラストシーンは感動的。一風変わったバートンが、自分の息子(がいたかどうか知らないけど)に語りかけているようにも見える。家族を持って、ちょっと変わったかな、と思わせる作品。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ブレードランナー ファイナル・カット

その世界観と謎の多さで、カルト的な人気を誇った初公開版だけど、年齢のせいもあっただろうし、小さいテレビで観たこともあってか、個人的にはどうしてそんなに盛り上がるのか理解できずにいた。 そんな初公開版から10年後、リドリー・スコットが本当に作りたかったという「最終版」として再公開されたときに映画館で観て、主人公デッカードの位置付けが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more