テーマ:映画

30年前に見たかったゾッド対スーパーマンがそこに(マン・オブ・スティール)

個人的には、それ程嫌いではない2006年版スーパーマン「スーパーマン・リターンズ」。ゾッド将軍との対決への前振りとしては、許される範囲だと思ってたし、むしろ次に来るであろうゾッド将軍との対決が楽しみだったのに、興行的なコケっぷりが半端なく、シリーズ化が打ち切られることに。。 ティム・バートンがダークアメコミヒーローの流れを作ってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎駿、何度目の引退宣言?

「風立ちぬ」が大ヒット上映中の宮崎駿。 アニメーションとして作るべき映画だったかというと、個人的にはどうかと思う。話としては嫌いじゃないけど、彼の最初で最後の実写だったら、とてもいい映画になったんじゃないかって、変な思いも浮かんで来る。それほど、アニメである必要が見つからない。 そんな彼がまた引退宣言。知ってる人は知ってるは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)おおかみこどもの雨と雪

映画館で見たくて仕方なかったのに、見逃してしまった細田守監督の最新作が、BDで登場。公開の度に気になっていながら未だに映画館で彼の作品は見れておらず、3作すべてBDでの視聴。 「時をかける少女」も「サマーウォーズ」も、好きな作品ではあるものの、ちょっとした違和感があり、心から好きになるところまではいかないながら、今敏が亡くなり、宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッキーマウスとヨーダが戦う日(ディズニーがルーカスフィルムを買収)

ディズニーが、ピクサー、マーベルに続き、スターウォーズのルーカスフィルムまで買収してしまった。。 ディズニーは昔から、他人のふんどしで相撲を取るのが上手だった会社とはいえ、ピクサーのような伸び盛りの会社ではなく、マーベルやスターウォーズのような、名前は通っていても少々落ち目の会社を買ってまでしないといけないほど、自ら新しいキャラク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)宇宙人ポール

たまたま見て、今年一番のお気に入り映画になった「宇宙人ポール」が、BDで登場。 過去のSF映画(だけじゃないけど)のパロディやオマージュが満載で、それらを知っていると楽しさ倍増のSFコメディ。というか、それを知らない人が見ると、ほとんど面白くないかも。。元ネタを思いつくままあげてみると、「スターウォーズ」、「スタートレック」、「E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人がなぜポール?(宇宙人ポール)

会社の帰り「ヒミズ」を見に行ったら、次の日からで、仕方ないく時間つぶしに見た映画なのに、面白くてお気に入りの一本に。 柄の悪い宇宙人ポール(って。。)がオタクと一緒に旅をするロードムービーで、スピルバーグを中心としたSF映画のパロディやらオマージュやらがふんだんに取り入れられていて、それらを知っていると楽しさ倍増。お気に入りは、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー

久々に見たジュラシックパーク・シリーズはとても楽しかった。 1作目。公開時は、スピルバーグくささというか、演出がワンパターンだなあ、なんて印象もあったけどど、しばらくスピルバーグから離れてから見直すとなつかしいやら、嬉しいやらのスピルバーグ節を堪能。技術に頼らず、見せるところと見せないところを使い分け、じらしたり、ハラハラさせたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX

エピソードI~IIIは、良い意味でも悪い意味でもスターウォーズといえるものだったと思うけど、エピソードIV~VIが好きな人の夢をほとんどぶち壊し(少しは夢を満たして)、I~IIIでスターウォーズを初めて体験する人には昔初めてI~IIIを見た人たちが感じたワクワク感を与えられず、結局中途半端なシリーズになってしまった気がする。 さら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッション:インポッシブル ゴーストプロトコルの予告

なんだか最近ぱっとしない、トム・クルーズだけど、M:Iの最新作の予告はかなり良さげ。「M:I II」の時みたいに、予告のかっこ良さのわりに、中身はイマイチだったなんてことはないといいけど、今回は、大好きな「アイアン・ジャイアント」やピクサーアニメで手堅く活躍し続けているブラッド・バードが監督。アニメの力を実写で発揮できるか?少なくとも前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャプテン・アメリカ

日本ではマイナーだし、イマイチ格好悪いし、またつまらないアメコミ物が来たかな、と勝手に思っていたけど、監督がジョー・ジョンストンと聞いて急に見たくなった。ジョンストンは、地味で日本ではあまりヒットしなかったけど、僕の大好きな「ロケッティア」や、こちらもそれ程ヒットはしなかったけど、実は一番気軽に面白かった「ジュラシック・パーク3」などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVDプレイヤーとしてのBDP-LX91(「エクスペンダブルズ」を観る)

久々のDVD視聴は、公開時ちょっと観たかったのに知らないうちに終わっていたスタローンの「エクスペンダブルズ」。セルではブルーレイもあるのに、レンタルではなぜかDVDしかない。しかたないので、DVDを借りてみる。 音を犠牲にしたくないので、アンプ経由でテレビで観るのはやめて、プロジェクター。(ケーブルをつなぎかえればいいんだけど。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)レスラー

何をやってもだめな、盛りを過ぎたレスラーの物語。不器用で、大人になりきれなくて、がんばろうと思っても結局できなくて、どこか思い当たることがあるおじさんにはたまらなく切ない話。彼女や娘とのエピソードを含め、脚本がとても良く、これを一時期セクシー男優で有名だった、ミッキー・ロークがひどいおっさんになって演じているのが、余計切ない。レンタルも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)キック・アス(レンタル版)

ふざけてそうで、以外とまじめな等身大ヒーロー映画。 子供が大量殺人するなんて、なんて批判ももっともだけど、映画と割り切って観れば、ヒットガールの子供ならではのアクションシーンは映画史に残るかっこよさ。どうせ18禁(日本じゃ15禁)なんだし。ニコラス・ケイジのおばかパパぶりとバットマン風ビッグダディへの変身(変装?)シーンは笑える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ。。が出ないなんて)ぼくのエリ 200歳の少女

去年の夏、何気に映画館に行って、すごく感動した作品。美しい映像、切ないストーリー、久々のいい映画でBDが出たら買おうと決めてたのに、DVDしか出ないなんて。。なんてことだ(怒) 仕方なくDVDをレンタルで観る。プロジェクターでどっぷり浸りたいところだけど、さすがにDVDではつらいので、テレビで。改めて感動、画質もとてもきれい。映画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

むかしのジョー(あしたのジョー)

世代的にちょっと下だからか、有名な主題歌だけは知ってたけど、肝心の漫画もアニメも子供の頃には殆ど見たことがないので、思い入れは全くない。映画化されるのを知ってから、漫画を通して読んだものの、試合の連続なだけで、登場人物たちのそれぞれのこだわりがきちんと描かれていないので、台詞やナレーション(ていうのか??)が言葉遊びにしかみえない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お手頃ブルーレイ・プレーヤー(ソニー BDP-S370)

2年ほど前、DVDレコーダーが壊れたときに(東芝製。起動は遅いは、使いづらいは、1年ちょっとで壊れるは、おまけにDynabookのACアダプタは高周波音がうるさいは、電話サポートの感じは悪いは。。。で、たとえ評判が良くても東芝製は2度と買う気が起こらない)BDレコーダーの買い替えを迷ったもののBD対応というだけでやたらと高かったので、D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)天空の城ラピュタ

宮崎駿のすべてが詰まった名作「天空の城ラピュタ」がようやく登場。またこういう映画を、と多くの人が思っていると思うけど、きっともう無理なので(といいながら最後の花火を期待してたりするけど)、この映画を繰り返し楽しむしかない。それほど思いが強くて何度も観てるくせに、実は映画館で観たことがなかったりする。。。ので、比較はテレビで観てきたものと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)時をかける少女(2010年版)

何度も映像化されている「時をかける少女」。でもやっぱり好きなのは大林宣彦+原田知世の1983年版。角川のアイドルを使いながらも大林らしいマニアックな演出でファンも多いと思う。その続編的作品が、仲里依沙主演のこれ。 母のメッセージを伝えるために、深町君に会いに過去に行く。。 予告の雰囲気が良かったので、映画館に観に行ったけど、観客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)リトル・ミス・サンシャイン

バラバラになりかけの家族が、末娘を美少女コンテストに連れて行くことになり、おんぼろワーゲンバスに乗って旅をしていく中で、ちょっぴり絆を深めていくというロードムービー。映画館では、なんかいいなあ、ぐらいだったけど、無性に見直したくなって購入。(ジャケットもいいし) つまらなかったら売ればいいやと思って見直すと、映画館で観たとき以上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)サイドウェイ

20世紀フォックスが一部のBDを値下げした直後、楽天ブックスで2枚買うと500ポイントつくキャンペーンをやってて、観たことがないのに「リトル・ミス・サンシャイン」といっしょに購入。色々賞をとったり、日本でリメイクされたりしてたし、何となくいい映画そうだったけど、観てもないのに買ったのは初めて。結果は大正解。 作家志望のしがない教師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥棒ぐらしのアリエッティ(借りぐらしのアリエッティ)

ジブリの新作は、カオナシのモデルにもなったらしい宮崎駿期待(?)の新人監督のデビュー作。 宮崎以外のジブリはあまりみるきがしないけど、「昔のジブリが好きな人に」なんていう雑誌の記事に感化され行きたくなる。 ジャストアイデアっぽい小品ではあるけど、宮崎も泣いちゃったらしいラストは確かにちょっと素敵なシーンだった。けど、全体としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今敏監督が。。

今日本のアニメ界で僕が一番信用できる、というか大好きな今監督が、膵臓癌で亡くなったそうです。 なんてことだ。。宮崎駿も衰えて、押井守や大友克洋が自己満足のペラペラになってしまった今、僕が新作を楽しみに待てる人は彼だけだったのに。。47歳、若すぎる。。 新作の「夢見る機械」、彼の意思を汲んで、しっかり仕上げてください。楽しみに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモムシごーろごろ(キャタピラー)

寺島しのぶがベネチアで賞を獲って話題の映画。ポスターには「これが戦争だ」。年齢層はかなり高めだが、普段そんなに客が多くない単館劇場はほぼ満員。 さて、どれが戦争なんだ。。。戦争で四肢を失った兵隊の悲しさか、敵国の娘をレイプしたために四肢を失っただけなのに英雄扱いされるその彼のつらさか、それともイモムシとなり英雄となった兵隊の妻のつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)風の谷のナウシカ

ジブリのBD第2弾は、名作「風の谷のナウシカ」。とはいえ、小さいTV画面でしか観たことがなく、しかも一度も面白いと思ったことがなかった作品。理由は人間の汚した地球を虫たちが浄化するという世界観は好きだったものの、ナウシカと彼女と敵国、動物や虫などの世界との関係ががあまりにも甘いと思ったから。だからラストも好きじゃなかった。そんなうまいこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

3D映画は進化していた!(アリス・イン・ワンダーランド)

2Dで観た「アリス・イン・ワンダーランド」がどうにもつまらなかったのに、なぜか大ヒットしているのはきっと3Dが面白いからに違いないと気になって、あまり気乗りがしなかった3Dで観てみることにした。 果たして、予想は当たり。あたりまえながら内容はまったく同じなのにえらく楽しい。物が飛んできたり、穴に落ちていったりする、いわゆる3D映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(BD/ブルーレイ)シザーハンズ

僕の宝物の映画の一つで、ティム・バートンが大好きになるきっかけとなった「シザーハンズ」。ブルーレイが出だした初期のころから発売されていたけど、画像の評判が微妙で、買うのをためらっていた。値段も安くなってきたし、久々にどうしても「シザーハンズ」を観たい気分だったので購入。 まず冒頭のシーンの画質がひどい。。映画館で観た時もそうだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3D映画を2Dで観るということ。。

最近流行の3D映画。そして、その3D(を前提とした)映画初体験となった「アリス・イン・ワンダーランド」。とはいえ、昔々の赤青メガネ時代の3D映画のトラウマから、どうしても3Dでは観る気になれず、2Dで観る。 内容的にはディズニーランドのアトラクションのようで、とても評価できるものではないけど、これだけヒットしているのは、アトラクシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクリーンサイズと音のバランス(TA-DA5500ESのデジタルシネマサウンド)

AVアンプをTA-DA5500ESに替えて、音はかなり良くなったもののどうしても違和感を拭えないのが、TA-DA5500ESのウリとも言うべきHDデジタルシネマサウンド(HD-D.C.S.)。といっても効果音や音楽の凄さはすばらしく、文句のつけようがない。気になって仕方ないのが台詞の音。。 確かに映画館のそれと言われれば、その通り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バートン・イン・ディズニーランド

「スウィーニー・トッド」の失敗から3年、大きな期待をもって観にいった新作「アリス・イン・ワンダーランド」は、彼の一番の失敗作「猿の惑星」に劣るとも勝らない、悲しい出来だった。。。 「シザーハンズ」や「バットマン・リターンズ」で、普通の世界で暮らせない自分の苦しみをオタクの代弁者として見事に描き、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメの画質モード(DLA-HD350)

実写映画ではとても素人設定では簡単に出せないいい風合いを出してくれるDLA-HD350のシネマ1モード。けど、「崖の上のポニョ」、「パプリカ」を観てきて、どうもアニメにはイマイチ合わないような気がしてきていたので、ちょっと画質をいじりながら「サマーウォーズ」を観てみる。 「ウォーリー」では全く違和感がなかったので、OZ内のCGシー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more